ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症)〔じあるじあしょう(らんぶるべんもうちゅうしょう)〕

 ランブル鞭毛虫は熱帯・亜熱帯地域を中心に全世界でみられ、日本でも国内で感染している人がふえています。ランブル鞭毛虫の嚢子(のうし:シスト)が含まれている飲料水や生野菜などを食べて感染します。
 小腸上部の粘膜に寄生して、激しい水様性の下痢を起こします。通常は、しばらく下痢が続いて治りますが、乳幼児や免疫不全者ではランブル鞭毛虫は腸管内でふえ続け、下痢が長びきます。胆嚢(たんのう)炎や胆道炎の原因となることもあります。便検査で原虫が見つかったらすぐ駆虫しましょう。
医師を探す