間中信也 医師 (まなかしんや)

間中病院

神奈川県小田原市本町4-1-26

  • 頭痛外来
  • 名誉院長

脳神経外科

専門

頭痛

間中信也

55年以上にわたる臨床経験、加えて頭痛学会専門医資格を持ち、日本頭痛協会名誉代表理事を務める、頭痛診療のエキスパート。頭痛の種類や予防法、鎮痛法や対処法などを数多くの著書やメディアで分かりやすく紹介していることでも知られている。1997年にインターネットサイト「頭痛大学」を開設し、積極的な頭痛の啓発活動を行っている。同サイトは、開設以来464万件以上の入場者を数える人気サイト。名誉院長を務める間中病院では頭痛外来を担当し、頭痛で悩む多くの人の救いとなっている。

診療を受けるには

専門外来は予約制なし。紹介状はあれば望ましい。間中医師の頭痛外来は、月曜・火曜・水曜・金曜・土曜の午前。受付時間は8:00~11:30。保険証、遠方から来院の場合は紹介状を持参が望ましい。

医師プロフィール

1965年 東京大学医学部 卒業
1972年 日本脳神経外科学会専門医
1975年 東京大学講師
1981年 東京大学助教授
1986年 帝京大学市原病院脳神経外科教授
1993年より温知会(現・綾和会)間中病院
1994年 院長就任
2019年 綾和会間中病院名誉院長就任

所属学会

日本脳神経外科学会専門医・評議員、日本頭痛学会専門医・指導医、2000年より日本頭痛学会理事(現在は、名誉会員)、2012年より日本頭痛協会代表理事

主な著書

『頭痛はこわい―手遅れになる前に読む頭痛治療の指南書』(1998年 河出書房新社) 
『疾患別治療大百科シリーズ〈4〉頭部疾患』(2001年 医道の日本社) 
『やさしい頭痛の自己管理』(2001年 医薬ジャーナル社) 
『頭痛大学教養学部』(2006年 先端医学社) 
『ドクター間中の頭痛大学―しつこい痛み、さようなら』(2001年 法研) 
『頭が痛い』(2004年 小学館) 
『トリプタンの使い方―新しい片頭痛治療薬のさじ加減』(2004年フジメディカル出版) 
など

医師発信欄

(更新日:2021年2月13日)

同じ疾病を専門とする医師一覧