坂井文彦 医師 (さかいふみひこ)

埼玉精神神経センター

埼玉県さいたま市中央区本町東6-11-1

  • 神経内科 埼玉国際頭痛センター
  • センター長

神経内科 内科

専門

神経内科、頭痛、脳卒中、脳循環代謝

坂井文彦

日本頭痛学会の元理事長など重職を歴任。長年に渡り、日本の慢性頭痛医療を進化させてきた。なかでも『頭痛ダイアリー』の活用・研究では高い成果を上げており、全国の専門医が治療に取り入れている。また、看護師、心理士、作業療法士、薬剤師、理学療法士、鍼灸士を加えたチーム医療による先駆的な治療も実践。「頭痛そのものが脳の病気」「薬を上手に使うことでコントロールできる」「頭痛ダイアリーは治療の必需品」「予防には頭痛体操を」等を周知させるべく啓蒙活動にも尽力している。

医師プロフィール

1969年 慶應義塾大学医学部卒業 内科学教室に入局し、神経内科および脳循環・代謝の研究を始める。
1976年 米国ベーラー大学神経内科留学。Harold G. Wolff賞受賞(片頭痛と脳循環の研究)
1997年11月 北里大学医学部神経内科学教授
2008年3月 北里研究所病院頭痛センター長
2009年4月 国際頭痛センター長(新百合ヶ丘)
2010年11月 埼玉医科大学客員教授
2010年11月 埼玉国際頭痛センター長
※2008年9月:第14回国際頭痛学会において、Honorary Life Member 生涯名誉会員 受賞
(更新日:2017年10月25日)

「慢性頭痛」を専門とする医師