立岡良久 医師 (たつおかよしひさ)

立岡神経内科

京都府京都市下京区中堂寺坊城町35-3

  • 神経内科
  • 院長

神経内科 内科

専門

頭痛、パーキンソン病などの変性疾患、アルツハイマー病、認知症、血管障害

立岡良久

2011年7月で開院13年を迎えた。神経内科は精神的な問題からではなく脳や神経、筋肉に問題があり、実際に身体に出る症状を内科的に扱う。頭痛の原因疾患に応じて、かつ個々の患者に対してオーダーメイド治療を行っている。丁寧な初診と最新機器による迅速かつ的確な診断と治療開始。周囲の医療機関との緊密な連携も重視している。

ドクターオブドクターズネットワーク評議員会において全員一致のもと選考された場合に授与される最も貴重な認定資格である「Doctor of Doctors Network 優秀専門臨床医」に認定。

医師プロフィール

1976年3月 大阪医科大学卒業
1976年6月 京都大学医学部附属病院 内科研修医
1977年7月 財団法人田附興風会 北野病院 内科
1979年12月 京都大学医学部附属病院 第2内科
1985年9月 ハーバード大学-マサチューセッツ総合病院 神経内科 客員研究員
1987年10月 京都市リハビリテーションセンター 神経内科 医長
1988年4月 京都大学医学部 第2内科 講師(非常勤)
1988年7月 京都市立病院 神経内科 部長
2001年7月 立岡神経内科 開設
(更新日:2019年6月7日)

「慢性頭痛」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会