磯部千明 医師 (いそべちあき)

札幌 いそべ頭痛・もの忘れクリニック

北海道札幌市東区北三十六条東15-1-20

  • 脳神経内科・リハビリテーション科
  • 院長

脳神経内科 内科 リハビリテーション科

専門

頭痛、認知症、パーキンソン病(神経変性疾患)、脳卒中

磯部千明

磯部千明医師は院長として、2016年4月から『札幌 いそべ頭痛・もの忘れクリニック』(脳神経内科・リハビリテーション科)を開設し診療を開始。神経内科は、心の病気を診療する心療内科、精神科あるいはメンタルクリニックと混同されることもあるが、その領域は大きく異なる。神経内科は、人体における脳神経・脊髄・末梢神経・筋肉・自律神経系統の疾患を内科的に診療するということから“脳神経内科”と考えると理解しやすい。
主な症状は、頭痛、もの忘れ、めまい、手足や顔のふるえ、筋力低下・麻痺・筋萎縮、手や足のしびれ、歩行障害、しゃべりづらい、飲み込みが悪い、動作が遅い、ふらつく、バランスが悪く転びやすい、瞼・顔・手足のけいれん、顔面の麻痺や痛みなど。「これらの症状をお持ちの方や過去に『脳梗塞の‘け’がある…云々』・『脳は年齢相応だから…云々』・『脳MRIには原因になるものはない…云々』のようなことを言われた経験をお持ち方はぜひ受診してください」と院長の磯部医師は呼びかける。

診療を受けるには

診療日は、月曜・火曜・水曜(午前)・木曜・金曜と土曜(午前)。外来診察時間は、午前8:30分~12:00分.午後12:30~17:00分。クリニックHPで要確認。初診は予約が望ましい(受付に電話011-753-6000して予約をとる)が、当日受付も可能。外来の再診は、前回受診時におおまかな受診日時を決定。紹介状は、原則不要だが「だいたいの頭痛歴(いつからか、他病院の受診歴、経過、薬剤歴など)をメモして持参」休診日は、日・祝祭日。

医師プロフィール

1969年 北海道生まれ
1996年 岩手医科大学 医学部卒業、岩手医科大学 神経内科入局。
2000年 同大学院(神経内科(主科目:薬理学))卒業(医学博士)、岩手医科大学医学部付属病院 神経内科助手
2001年 盛岡市立病院 神経内科医長
2005年 千歳第一病院 神経内科部長
2006年から同院で「頭痛外来」、2009年から「もの忘れ外来」を開設
2011年4月 札幌トロイカ病院 神経内科の「頭痛外来」・「もの忘れ外来」に勤務
2012年4月 札幌宮の沢脳神経外科病院「頭痛外来」・「もの忘れ外来」に勤務
2014年4月 札幌東徳洲会病院脳神経内科部長 専門外来「頭痛外来」・「もの忘れ外来」に勤務
2016年4月 『札幌いそべ頭痛・もの忘れクリニック』(脳神経内科・リハビリテーション科) 院長
2018年4月から『医療法人 札幌いそべ頭痛・もの忘れクリニック』理事長

所属学会

医学博士、日本神経学会専門医、日本神経学会指導医、日本脳卒中学会専門医、日本頭痛学会専門医、 日本頭痛学会指導医、日本認知症学会専門医、日本認知症学会指導医、日本内科学会認定内科医、日本糖尿病協会療養指導医、身体障害者指定医、指定難病認定医、臨床研修指導医、ボトックス治療免許、t-PA治療免許、救急救命BLS・ACLS講習受講医、認知症サポート医(厚労省)、HMS-Jポストテスト合格

主な著書


・高齢者の慢性頭痛を予防するケアの具体策~予防法②非薬物療法
磯部千明、隔月刊誌,高齢者安心安全ケア-実践と記録.2018, 1・2月号.100-104
・高齢者の慢性頭痛を予防するケアの具体策~予防法①薬物療法
磯部千明、隔月刊誌,高齢者安心安全ケア-実践と記録.2017, 11・12月号.104-108
・高齢者の慢性頭痛を予防するケアの具体策~頭痛医療の現状と頭痛の分類
磯部千明、隔月刊誌,高齢者安心安全ケア-実践と記録.2017, 9・10月号.78-83.
『頭痛診療のコツと落とし穴』(中山書店)
・起立性頭痛を呈する低髄液圧頭痛の診断のポイント
・慢性硬膜下血腫による症候性頭痛 の共著
和文論文
オルメサルタンの服薬が片頭痛の予防効果を示したと考えられた1例.Prog. In Medicine 26,2006.2月 ほか英文論文11編

医師発信欄

札幌いそべ頭痛・もの忘れクリニックHP: http://www.isobeclinic.jp/
https://www.facebook.com/札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック-1029013557173650/?ref=nf&hc_ref=ARRoS-sW97yhDG6TUyGx9gqzJGumA7omfw9kWGyvmHZ9s_Ai5WbaiV2D0H8SUAvm9PE
(更新日:2019年8月5日)

同じ疾病を専門とする医師一覧