磯部千明 医師 (いそべちあき)

札幌 いそべ頭痛・もの忘れクリニック

北海道札幌市東区北三十六条東15-1-20

  • 脳神経内科・リハビリテーション科
  • 院長

脳神経内科 内科 リハビリテーション科

専門

頭痛、認知症、パーキンソン病(神経変性疾患)、脳卒中

磯部千明

磯部千明医師は院長として、2016年4月から『札幌 いそべ頭痛・もの忘れクリニック』(脳神経内科・リハビリテーション科)を開設し診療を開始。神経内科は、心の病気を診療する心療内科、精神科あるいはメンタルクリニックと混同されることもあるが、その領域は大きく異なる。神経内科は、人体における脳神経・脊髄・末梢神経・筋肉・自律神経系統の疾患を内科的に診療するということから“脳神経内科”と考えると理解しやすい。
主な症状は、頭痛、もの忘れ、めまい、手足や顔のふるえ、筋力低下・麻痺・筋萎縮、手や足のしびれ、歩行障害、しゃべりづらい、飲み込みが悪い、動作が遅い、ふらつく、バランスが悪く転びやすい、瞼・顔・手足のけいれん、顔面の麻痺や痛みなど。「これらの症状をお持ちの方や過去に『脳梗塞の‘け’がある…云々』・『脳は年齢相応だから…云々』・『脳MRIには原因になるものはない…云々』のようなことを言われた経験をお持ち方はぜひ受診してください」と院長の磯部医師は呼びかける。

医師プロフィール

1969年 北海道生まれ
1996年 岩手医科大学 医学部卒業、岩手医科大学 神経内科入局。
2000年 同大学院(神経内科(主科目:薬理学))卒業(医学博士)、岩手医科大学医学部付属病院 神経内科助手
2001年 盛岡市立病院 神経内科医長
2005年 千歳第一病院 神経内科部長
2006年から同院で「頭痛外来」、2009年から「もの忘れ外来」を開設
2011年4月 札幌トロイカ病院 神経内科の「頭痛外来」・「もの忘れ外来」に勤務
2012年4月 札幌宮の沢脳神経外科病院「頭痛外来」・「もの忘れ外来」に勤務
2014年4月 札幌東徳洲会病院脳神経内科部長 専門外来「頭痛外来」・「もの忘れ外来」に勤務
2016年4月 『札幌いそべ頭痛・もの忘れクリニック』(脳神経内科・リハビリテーション科) 院長
2018年4月から『医療法人 札幌いそべ頭痛・もの忘れクリニック』理事長
(更新日:2019年8月5日)

「慢性頭痛」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会