鴻信義 医師 (おおとりのぶよし)

東京慈恵会医科大学附属病院

東京都港区西新橋3-19-18

  • 耳鼻咽喉科
  • 診療副部長

耳鼻咽喉科 頭頸部外科 アレルギー科

専門

副鼻腔炎、副鼻腔のう胞、副鼻腔良性腫瘍、アレルギー性鼻炎、眼窩骨折、頭蓋底疾患

鴻信義

東京慈恵会医科大学附属病院の耳鼻咽喉科は、耳鼻科分野の治療では質・量ともに国内トップといわれ、内視鏡を用いた経鼻的手術(内視鏡下鼻内手術)、ナビゲーション手術は、ここを発祥としている。この手術のエキスパートとされる鴻信義医師。目や頭に近い副鼻腔の手術は、思わぬトラブルが生じる可能性もあるが、手術時にこころがけているのは「丁寧な執刀」と、シンプルで心強い。優れた研究者として海外での評価も高く、その人柄で外来患者の人気も高い。

診療を受けるには

紹介状が必要。外来は1~2週間後には予約が入るが、若干混み合うことが予想される。初診時はFAX予約でも30分~1時間待つことが多いため、時間のゆとりをもって来院することをおすすめしたい。鴻医師は、主に副鼻腔外来担当(一般耳鼻咽喉科診療も可)

医師プロフィール

1963年生まれ
1989年 慈恵医大卒業
1992年 慈恵医大耳鼻咽喉科学教室助手
1995年~1997年 スウェーデン王立カロリンスカ研究所に研究のため留学
2003年 同上講師
2007年 同上准教授
2013年 韓国高麗大学特任教授
2014年 慈恵医大耳鼻咽喉科学教室教授
2018年 慈恵医大附属病院手術部部長

所属学会

日本耳鼻咽喉科学会(認定専門医、代議員、保健医療委員)、日本頭頸部外科学会(学会誌編集委員)、日本鼻科学会(理事、代議員、副鼻腔炎手術技術評価委員)、日本頭蓋底外科学会(理事)、日本コンピュータ外科学会、日本アレルギー学会、耳鼻咽喉科展望会(会誌編集委員長)、耳鼻咽喉科・頭頸部外科(会誌編集委員長)
International Society of Inflammation and Allergy of the Nose (ISIAN 理事)

主な著書

『頭蓋底疾患に対するナビゲーション手術 -術中画像更新システムの活用-』原著論文:鴻信義、松脇由展(耳展 53:1:35-41, 2010.)
など多数。
『好酸球性副鼻腔炎の治療 update 好酸球性副鼻腔炎の手術治療 -手術手技のコツ、注意点-.』総説:鴻 信義(MB ENT 106; 28-33, 2009.)
など多数
『今日の耳鼻咽喉科頭頸部外科治療指針』分担執筆(東京: 医学書院, 2008:294-295.)
『耳鼻咽喉科看護の知識と実際』(大阪:メディカ出版, 2009:135-156.)など多数。
(更新日:2019年9月13日)

同じ疾病を専門とする医師一覧