鴻信義 医師 (おおとりのぶよし)

東京慈恵会医科大学附属病院

東京都港区西新橋3-19-18

  • 耳鼻咽喉科
  • 診療副部長

耳鼻咽喉科 頭頸部外科 アレルギー科

専門

副鼻腔炎、副鼻腔のう胞、副鼻腔良性腫瘍、アレルギー性鼻炎、眼窩骨折、頭蓋底疾患

鴻信義

東京慈恵会医科大学附属病院の耳鼻咽喉科は、耳鼻科分野の治療では質・量ともに国内トップといわれ、内視鏡を用いた経鼻的手術(内視鏡下鼻内手術)、ナビゲーション手術は、ここを発祥としている。この手術のエキスパートとされる鴻信義医師。目や頭に近い副鼻腔の手術は、思わぬトラブルが生じる可能性もあるが、手術時にこころがけているのは「丁寧な執刀」と、シンプルで心強い。優れた研究者として海外での評価も高く、その人柄で外来患者の人気も高い。

診療内容

同院の耳鼻咽喉科は、約120年の歴史を持つ、日本で最初の耳鼻咽喉科学教室である。同院は耳鼻科分野において、国内で質・量ともトップ。手術件数は1,800件を超える。特に鼻内視鏡手術に関しての手術件数は群を抜いており、技術についても広く認められている。
「もともと副鼻腔内視鏡手術は、日本発の治療方法の一つであり、慈恵のオリジナルです。この“慈恵式鼻内視鏡手術”は世界的に評価が高く、現在でも当教室の手術見学に(研修会を含めて)年間100名ほどの医師が来院します。そのうち海外からは、韓国人を中心に20~40名ほどです。我々が日本の当分野を牽引しているという自負のもと、国際的な貢献を果たしています」と鴻医師。
ナビゲーション手術は、通常の内視鏡モニターの横にナビゲーション画像モニターを並列してディスプレイする。手術中は基本的には内視鏡画面を、必要時(オリエンテーションを確認したい時)にナビゲーション画面を見る。特に特殊な技術は要ししないものの、器械そのものが特殊であるため「どのようにそれを使うか」という事が重要だという。
「手術時に心がけている事は、丁寧に執刀する事です。鼻副鼻腔は、目や頭が近くにあり、気をつけて手術をしないと思わぬトラブルが生じる事があります」(鴻医師)
同院では、日本全体における耳鼻科分野のクオリティアップに貢献すべく、この独自に開発した「鼻副鼻腔疾患における内視鏡下鼻内手術」の普及を目指し、国内の医師はもとより、アジアを中心とした海外の医師を対象に、研修会を毎年開催している。
また、専門のスタッフが常勤し、いつでも適切な対応がとれるような体制が確保されていることは、患者にとって大変心強い。
さらに、内視鏡などの先端の医療機器を駆使して、高度な医療を提供しているだけでなく、耳鼻咽喉科専用の手術室を有していることも同院の大きな特長だ。術後も早期の退院のためのサポートが整っており、入院期間の短縮がなされているという。

医師プロフィール

1963年生まれ
1989年 慈恵医大卒業
1992年 慈恵医大耳鼻咽喉科学教室助手
1995年~1997年 スウェーデン王立カロリンスカ研究所に研究のため留学
2003年 同上講師
2007年 同上准教授
2013年 韓国高麗大学特任教授
2014年 慈恵医大耳鼻咽喉科学教室教授