白木正孝 医師 (しらきまさたか)

成人病診療研究所 白木医院

長野県安曇野市三郷明盛1610-1

  • 内科
  • 所長

内科 老年科

専門

内科学、老年病学、カルシウム代謝、骨粗鬆症

白木正孝

骨粗鬆症の医師主導型研究を行うA-TOP研究会事務局員として、組織の構成、研究計画の立案、アウトカムの評価方法の確立に関わる。また、臨床疫学研究のため、患者集団を登録した大規模コホートを1993年から構築・運営し、骨粗鬆症診療のための基礎データを提供し続ける。こうした功績により、2011年度:遠山椿吉記念第2回健康予防医療賞を受賞。ほか、骨疾患罹患リスクの予測方法を提案している。「内科医は医療コンシェルジュ」という考えに基づき、自らが窓口となり専門医へ橋渡しする役割も。

医師プロフィール

1976年 東京慈恵会医科大学 卒業
1977年 東京都老人医療センター勤務
1983年 米国国立老化研究所留学
1986年 東京都老人医療センター研究検査科長
1988年 東京大学老年病学教室非常勤講師
1990念 東京慈恵会医科大学第二内科非常勤講師
1992年 成人病診療研究白木医院 開院
(更新日:2014年5月21日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会