鈴木敦詞 医師 (すずきあつし)

藤田医科大学病院

愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98

  • 内分泌・代謝内科学
  • 教授

内分泌科・糖尿病 内科 代謝内科

専門

骨粗鬆症、生活習慣病

鈴木敦詞

日々進歩する骨粗鬆症の研究において、近年、糖尿病などの生活習慣病が骨粗鬆症と密接に関係していると考えられるようになった。鈴木敦詞医師は「骨粗鬆症は単なる加齢現象ではなく、内分泌環境の病的変化による代謝異常症」との考えに基づき、生活習慣病のエキスパートである内分泌・代謝内科医の立場から骨粗鬆症と向き合ってきた。骨折予防や骨折後のリハビリ、薬物療法等が、骨への影響に留まらず生活習慣病に伴う心血管病変の予防にも有効とし、様々なアプローチを続けている。

医師プロフィール

1988年3月 名古屋大学医学部 卒業
1988年4月 名古屋第一赤十字病院勤務
1991年7月 静岡済生会総合病院内科勤務
1992年4月 名古屋大学大学院医学研究科
1996年3月 同 修了
1996年10月 スイス連邦ジュネーブ州立大学医学部内科学講座 骨疾患部門・世界保健機関骨粗しょう症共同研究センター (Jean-Philippe Bonjour教授)
1999年4月 名古屋大学医学部内科学第一講座客員研究者
2001年9月 藤田医科大学病院(旧:藤田保健衛生大学)医学部内科学内分泌代謝科講師
2005年4月 同 助教授
2015年4月 現職
2019年2月 藤田医科大学病院副院長併任
(更新日:2019年11月5日)

同じ疾病を専門とする医師一覧