萩野浩 医師 (はぎのひろし)

鳥取大学医学部附属病院

鳥取県米子市西町36-1

  • 整形外科・リハビリテーション部
  • 部長

整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科

専門

骨粗鬆症、関節リウマチ、リハビリテーション

萩野浩

萩野浩医師は、整形外科で骨粗鬆症や関節リウマチなどの治療を行うとともに、リハビリテーション部の部長も務め、運動機能障害などのリハビリテーション医療の充実を図っている。研究分野では、日本骨粗鬆症学会学術振興賞、日本骨粗鬆症学会賞などを受賞。萩野医師は骨粗鬆症に関して「骨粗鬆症予防は高齢化の進む日本社会における大きなテーマであり、50歳を超えたら骨密度や骨粗鬆症の検診を受け、骨密度の低下をできるだけ抑える食事や運動を心がけることが大切です」と予防の大切さを訴える。

医師プロフィール

1982年3月 鳥取大学医学部 卒業
1988年3月 鳥取大学大学院医学研究科博士課程修了
1991年3月 米国クレイトン大学骨粗鬆症センター留学
1992年5月 鳥取大学医学部整形外科講師
2002年4月 鳥取大学医学部附属病院リハビリテーション部助教授
2008年4月 鳥取大学医学部保健学科教授
(更新日:2014年5月21日)