市村正一 医師 (いちむらしょういち)

杏林大学医学部付属病院

東京都三鷹市新川6-20-2

  • 整形外科
  • 病院長
  • 教授

整形外科 外科

専門

脊椎・脊髄疾患、骨代謝性疾患(骨粗鬆症)

市村正一

市村正一医師は、日本脊椎脊髄病学会の認定する脊椎脊髄外科指導医であり、一般向けや医療従事者向けの学会の頚椎疾患に関するガイドブックやガイドラインの策定にも参加。外来センターとして開設された脊髄・脊椎外科センターの責任者を務め、最先端の脊椎・脊髄疾患の診察と治療にあたっている。同科では、高齢化社会を迎えて注目されている骨粗鬆症の専門外来を開設。骨密度測定や骨代謝マーカーを使用した最新の診療を実施するほか、啓蒙活動として一般市民に対する公開講座などを開催している。

医師プロフィール

1980年3月 慶應義塾大学医学部 卒業
1980年11月 慶応義塾大学医学部整形外科研修医
1982年11月 慶應義塾大学医学部整形外科助手専修医
1986年11月 慶應義塾大学医学部整形外科助手(医学部整形外科学)
1987年1月 東京都立松沢病院出向
1990年1月 国立療養所東埼玉病院出向
1993年1月 慶応義塾大学整形外科助手(医学部整形外科)
1994年7月 米国ワシントン大学へsenior fellowとして留学
1997年10月 慶應義塾大学医学部整形外科医長
1998年7月 防衛医科大学校整形外科講師
2003年4月 杏林大学医学部整形外科准教授
2009年10月 杏林大学医学部整形外科臨床教授
2011年4月 杏林大学医学部整形外科教授
2015年4月 杏林大学医学部付属病院 副院長
2018年4月 杏林大学学部付属病院 病院長
(更新日:2019年11月6日)