竹内靖博 医師 (たけうちやすひろ)

虎の門病院

東京都港区虎ノ門2-2-2

  • 内分泌センター
  • センター長

内分泌科・糖尿病 内科

専門

内分泌疾患全般、骨・カルシウム代謝異常症(骨粗鬆症、骨軟化症/クル病、副甲状腺疾患 など)

竹内靖博

骨粗鬆症の中でも特に内分泌疾患などの原因疾患を持つ患者を中心に診療する内分泌代謝の専門医。骨粗鬆症は加齢や閉経以外に特定の原因がないものが大半であるが、様々な疾患を原因とすることも稀ではない。そのため、骨粗鬆症の治療は原因疾患の治療と併せて進める必要がある。内分泌内科医である竹内靖博医師は骨粗鬆症をホルモンの異常に基づく骨代謝疾患ととらえ、診断・治療する。対象となる内分泌疾患には副甲状腺機能亢進症、甲状腺機能亢進症、クッシング症候群などがあげられ、この観点から治療に当たる、貴重な骨を診る内科医である。

医師プロフィール

1982年3月 東京大学医学部 卒業
1988年10月 米国NIH(NIDR 骨研究部門)Visiting Fellow
1991年1月 東京厚生年金病院内科医長
1992年6月 東京大学医学部第四内科(組織変更後は腎臓・内分泌内科)助手
2003年5月 東京大学医学部腎臓・内分泌科講師
2004年4月 虎の門内分泌代謝科(内分泌センター)部長
(更新日:2017年9月20日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会