田中康仁 医師 (たなかやすひと)

奈良県立医科大学附属病院

奈良県橿原市四条町840

  • 整形外科 リウマチセンター
  • 部長、教授、センター長

整形外科 外科 リウマチ科

専門

足の外科(外反母趾、扁平足など)、スポーツ傷害(関節鏡視下手術)、関節リウマチ

田中康仁

田中康仁医師は、足の診療を中心に、スポーツ傷害ならびに関節リウマチの治療を専門とする。担当する足の外科外来には、外反母趾の矯正術や変形性足関節症に対する人工足関節置換術などを受けるために、全国から患者が集まっている。スポーツ傷害に関しては、可能な限り侵襲の少ない関節鏡視下手術を行うことで、選手の短期間での競技復帰を可能にしている。また、骨髄間葉細胞を利用した再生医療技術の臨床応用にも積極的に取り組んでいるほか、血友病性運動器疾患の治療にも力を入れている。

診療内容

日本有数の診療実績をもつ同科を率いる田中医師。専門医を求め全国から集まる患者に、充実した医療施設・設備を駆使し、一般の医療機関では実施することが難しい手術や高度で先進的な医療を提供している。同科の診療の対象となるのは「全年齢における全身の運動器」と幅広い。同科では、足、手・マイクロ、肩関節、股関節、膝関節、脊椎外科、骨軟部腫瘍外科、リウマチ、スポーツのグループごとに、その領域のスペシャリストが専門的な治療を行っている。
田中医師の専門である足は、全身の運動器の中でも日常生活の中で常に負担がかかることから、外傷や障害が起こりやすい部位だ。同科では、外反母趾に対して、個々の足の病態に合わせた最適な矯正骨切り術を選択して行っている。足部疾患としては先天性内反足などの小児疾患、変形性足関節症や扁平足などの成人後足部疾患、外反母趾、内反小趾などの前足部疾患、足底腱膜炎やアキレス腱症などの筋腱停止部障害、骨折や靱帯損傷などの足部外傷、モートン病などの絞扼性神経障害、ケーラー病などの骨端症、外脛骨障害などの種子骨・過剰骨障害、距骨骨軟骨障害や足関節捻挫後遺障害などのスポーツ傷害、麻痺足などの治療を積極的に行っている。変形性足関節症に対しては下位脛骨骨切り術や人工足関節置換術、離断性骨軟骨炎に対しては骨釘挿入術や軟骨移植術、足関節外側靭帯損傷に対しては靭帯再建術などが手術術式としては多くを占める。さらに、糖尿病性神経障害や関節リウマチによる足部足関節病変に対して観血的治療や保存療法を行うなど、幅広い足の障害に対応している。
スポーツ整形外科では、膝、肘、足、手の靭帯損傷や関節痛に悩むスポーツ選手の早期競技復帰を目指す。同科では保存療法に力をいれており、腱・靭帯付着部症に対してヒアルロン酸局所注入療法を行っているほか、各種サポーターやインソールを用いた装具療法を取り入れている。保存療法で症状が改善しない場合には、可能な限り侵襲の少ない関節鏡視下手術を行うことで短期間での競技復帰を可能にしている。その他多様なスポーツ障害においても、病状に応じて適切な治療を選択することで良好な成績をおさめている。
リウマチ学会指導医でもある田中医師は、2011年4月に新設された同院リウマチセンターのセンター長も務めている。センターでは関節リウマチを中心とした多様なリウマチ性疾患に対し、整形外科と内科が共同で最先端の医療を提供。関節リウマチの治療では、近年許可された生物学的製剤を発症初期に使用し、滑膜炎を抑え、関節の機能維持を目指している。病気が進行して破壊されてしまった関節には、滑膜切除、人工関節置換、脊椎固定術、関節形成術などの機能再建手術を施行する。同センターでは関節エコーによる局所関節の評価を日常診療に取り入れ、診療の質を高めている。
研究面でも国際的に評価される成果をあげてきた同科。現在は世界に先駆け、骨・軟骨再生分野の基礎および臨床研究に取り組んでいる。その他、最新のコンピュータ技術を応用した手術シミュレーション技術の開発にも携わっている。
「整形外科診療部長として、県下における難治性の整形外科疾患治療の最後の砦として頑張っていきたい」と言う田中医師。高度な医療レベルの維持に努めつつ、専門医の育成と難治症例の治癒につながる最先端の研究を進めている。

医師プロフィール

1984年 奈良県立医科大学 卒業
1984年 奈良県立医科大学附属病院 臨床研修医(整形外科)
1986年 東大阪市立中央病院 医員(整形外科)  
1988年 田北病院 医員(整形外科)  
1990年 奈良県立医科大学附属病院 医員(整形外科)
1998年 Research Fellow at Department of Orthopaedic Surgery, West Virginia University
1999年 奈良県立医科大学整形外科 助手
2001年 奈良県立医科大学整形外科 学内講師
2004年 奈良県立医科大学整形外科 講師
2009年 奈良県立医科大学整形外科 教授 現在に至る