佐本憲宏 医師 (さもとのりひろ)

国保中央病院

奈良県磯城郡田原本町宮古404-1

  • 整形外科
  • 副院長

整形外科 外科

専門

足の外科(外反母趾など)、スポーツ整形外科、関節外科

佐本憲宏

佐本憲宏医師は、足の外科、中でも外反母趾の治療に定評がある。外科手術の中でも難易度の高い外反母趾手術で論文や国内外の学術集会での発表や手術などの実績をもつ。術後はオーダーメイドの整形靴や靴底に入れて足のアーチをサポートする足底板などの指導が重要となるが、奈良病院ではリハビリテーション科部長も務め、術後に装着する簡易装具の開発に携わるなどアフターケアについても詳しい。一方、変形と症状の軽い患者に対しては、治療の原則は保存療法にあるとし、靴選びや装具療法、運動療法について、丁寧に指導している。

医師プロフィール

1989年3月 奈良県立医科大学 卒業
1989年4月 奈良県立医科大学整形外科入局、同附属病院整形外科勤務
1990年7月 東大寺整肢園(現東大寺福祉療育病院)整形外科
1992年4月 三重県厚生連松阪中央病院 整形外科
1995年1月 米国留学 Roger A. Mann(足、外反母趾の専門家)に師事 Mayo Clinicにも2か月滞在。
1995年7月 三重県厚生連松阪中央病院 整形外科
2000年1月 東大阪市立総合病院 整形外科医長
2002年7月 奈良県立奈良病院 整形外科医長
2006年7月 奈良県立奈良病院 整形外科部長 
2011年4月 奈良県立医科大学 臨床教授
2017年1月 市立東大阪医療センター副院長
2020年1月 国保中央病院 副院長
(更新日:2020年1月8日)

「外反母趾」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会