野口昌彦 医師 (のぐちまさひこ)

東京女子医科大学病院

東京都新宿区河田町8-1

  • 整形外科 足の外科外来
  • 客員教授

整形外科 外科

専門

外反母趾、強剛母趾、内反小趾、扁平足変形(後脛骨筋腱機能不全など)、変形性足関節症、糖尿病足、足関節外側靭帯損傷、距骨骨軟骨損傷、足根骨癒合症、腓骨筋腱脱臼、麻痺足(下垂足)、内反尖足凹足、骨折後変形治癒、三角骨障害、外脛骨障害、モートン病など

野口昌彦

野口昌彦医師は、東京女子医科大学病院足グループの代表であり、足部・足関節疾患のスペシャリスト。日本足の外科学会理事と日本靴医学会評議員を兼任、関東足の外科研究会の事務局を担当している。米国留学での足の外科専門医Dr.Manoliとの出会いと、雑誌に紹介され患者数が急増したことが足の外科を極めることになったきっかけであるという。以後20年以上、さまざまな足のトラブルに接している。患者との対話を重視し、患者―医師間のコミュニケーションを大事にした診察を行っている。

医師プロフィール

1981年3月 京都府立医科大学 医学部 卒業
1983年4月 社会保険神戸中央病院 整形外科 医員
1985年7月 京都第一赤十字病院 整形外科 医員
1986年12月 神奈川県立こども医療センター (研修)
1988年4月 京都府立舞鶴こども療育センター 診療部長・整形外科医長
1989年4月 京都府立心身障害者福祉センター附属リハビリテーション病院 整形外科 医長
1990年6月 カリフォルニア大学サンデイエゴ校 整形外科 客員研究員
1990年11月 ピッツバーグ大学 整形外科 客員研究員
1992年10月 京都府立医科大学 整形外科 助手(足の外科)
1993年10月 京都府立医科大学 整形外科 講師
1998年4月 京都府立医療技術短期大学 講師(併任)
2001年8月 東京女子医科大学 整形外科 助教授(東医療センター勤務)、京都府立医科大学 整形外科 客員講師(足の外科~2007年3月)
2006年4月 了徳寺大学 教授(健康科学部・理学療法学科~2007年 5月)
2006年4月 2006年4月 東京女子医科大学 整形外科 講師(非常勤)(足の外科)
2006年12月 NPO法人オーソティックスソサイエティー 理事(現在に至る)
2012年4月 至誠会第二病院 整形外科・足の外科センター 診療部長・センター長(現在に至る)
2014年 第39回日本足の外科学会・学術集会 会長
(更新日:2018年12月17日)

「外反母趾」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会