奥田龍三 医師 (おくだりゅうぞう)

シミズ病院

京都府京都市西京区山田中吉見町11-2

  • 整形外科 足の外科センター
  • 副院長
  • センター長

整形外科 外科

専門

足の外科(スポーツ傷害、関節リウマチを含む)、変形性足関節症、足根骨癒合症、足部変形(麻痺性、リウマチ性)、扁平足、外反母趾、内反小趾、モートン病、足関節靭帯損傷、距骨骨軟骨損傷、足関節・足部疲労骨折、足関節インピンジメント、アキレス腱損傷など

奥田龍三

奥田龍三医師は日本では数少ない足の外科の専門医として30年にわたって診療を行っている。これまでに3,500例以上の足の外科手術数を誇り、豊富で確かな臨床実績は本邦のみならず海外においても評価が高い。
現在では日本の足の外科をリードする立場にあり、日本足の外科学会理事や日本靴医学会理事、そして第36回日本足の外科学会会長(2011年)と第30回日本靴医学会会長(2016年)を務める。
整形外科手術はすべてシミズ病院グループの1つである洛西シミズ病院にて行われている。手術件数は年間900件を超え、そのうち足の外科手術は140件程度となっている。特に外反母趾やリウマチ性足部変形に対する矯正術(800件以上)、スポーツ選手などの足関節傷害に対する靭帯再建術(300件以上)や足関節鏡視下手術(300件以上)の成績は世界のトップレベルにあり、患者の成績に対する満足度も高い。2014年からは外反母趾の見学施設としてVisitation Centerを開設し、全国から外反母趾に関心のある整形外科医を募集してセミナー、手術見学ならびに症例検討を定期的に行い、外反母趾診療の発展と普及に努めている。 *( )内件数は累積手術件数。

「最新の情報に基づいたインフォームド・コンセントを行い、患者の手術に対する期待に充分応えられるような質の高い医療を提供したい」(奥田医師)
同時に外科医の心がけとして、常に手術手技と成績の向上をはかっていくことの重要性を示唆している。

診療内容

有痛性外反母趾に対しては、はじめに保存療法を行い、症状の改善が得られなかった場合に手術療法を選択している。保存療法としては履物の指導、足部の運動療法、足底挿板などの装具療法を行っている。手術療法では、外反母趾変形の程度により術式を使い分けている。軽度の変形では手術侵襲が小さく、早期に社会復帰やスポーツ活動できる第1中足骨遠位での骨切り術(chevron法)を選択している。中等度から重度変形では良好な変形矯正を獲得するために第1中足骨近位骨切り術(Mann変法)を選択している。さらに難易度の高い手術となるリスフラン関節症、第2MTP関節脱臼、内反小趾または槌趾変形を伴った外反母趾に対しても積極的に外反母趾手術と同時に治療し、患者満足度の向上を目指している。
これまで関節リウマチによる重度な外反母趾に対しては、関節破壊の進行という観点から母趾機能が損なわれる母趾MTP関節固定術が行われていた。しかし近年、関節リウマチに対する薬物療法の進歩により、関節破壊の進行が抑制できるようなった。そのため同院では、いち早く母趾MTP関節を温存する術式を選択し、除痛や変形矯正のみならず足趾の機能改善も目指している。
外反母趾手術では術後の変形再発が比較的高く、これが成績不良の主な要因であった。そこで同院ではこの変形再発の危険因子をX線学的に調査し、これまで種々の危険因子を明らかにし、海外雑誌に報告してきた。そしてこれらの研究成果を踏まえて、2007年に術式の改良を行った。その結果、変形再発の頻度は低下し、手術成績も向上している。

医師プロフィール

1982年3月 大阪医科大学 卒業
1982年6月 大阪医科大学整形外科学教室入局、臨床研修開始
1984年6月 大阪医科大学専攻医
1993年4月 大阪医科大学助手
1997年6月 大阪医科大学学内講師
2000年3月 大阪医科大学講師
2006年9月 大阪医科大学診療准教授
2013年5月 清仁会シミズ病院副院長、足の外科センター長、大阪医科大学非常勤講師
現在に至る