仁木久照 医師 (にきひさてる)

聖マリアンナ医科大学病院

神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1

  • 整形外科
  • 主任教授、部長

整形外科 外科

専門

外反母趾、扁平足、リウマチ足、変形性足関節症,足部スポーツ外傷・障害

仁木久照

仁木久照医師は、病院では専門外来である「足の外来」をチーフとして率い、年間平均300例前後の手術を行う。外反母趾の治療には、装具、足底板、運動療法による保存療法を行い、効果が見られない場合は骨切りによる変形矯正を行う。手術の術式は、中等度から高度な変形であれば第1中足骨骨切り術、中足痛や有痛性ベンチを伴う場合は中足骨短縮術を併用する。学会発足時から足の外科学会の事務局を常設するなど、足の外科の発展に大いに寄与している。現在、足の外科学会の理事を務める。

医師プロフィール

1984年 聖マリアンナ医科大学医学部 卒業
2015年4月 聖マリアンナ医科大学病院 主任教授、整形外科部長
(更新日:2017年9月15日)