赤柴恒人 医師 (あかしばつねと)

志木呼吸器科クリニック

埼玉県志木市本町5-18-13 神山ビル1F

  • 院長

呼吸器科 内科

専門

COPD 慢性・急性呼吸不全 睡眠時無呼吸症候群(SAS:サス) 呼吸器内科学

赤柴恒人

赤柴恒人医師が睡眠分野の研究を始めるきっかけとなったのは、30年以上前に遭遇した重症の睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者である。当時の日本では、まだSASに関する研究がほとんど行われておらず、診断・治療に大いに苦労したという。特にSASの治療については、有効な治療法が日本では報告されていなかったため、欧米で報告され始めていたnasal CPAP機器を直接米国から輸入して、最初の治療を行った。その効果は劇的であり、無呼吸はほぼ完全に是正された。この経験から以後ずーっとSAS医療に取り組むことになったという。nasal CPAP療法は、現在世界的に第一選択の治療法として確立している。
「しかし当初は健康保険の適応が受けられず患者さんに購入してもらっていました。その後の健康保険適応に我々の研究が役立ったと考えています」(赤柴医師)
近年では、これまでの成果を睡眠呼吸障害を持つ人に役立てようと「睡眠時無呼吸症候ガイド」というサイトを立ち上げ、病気の周知・理解にも貢献している。新幹線運転士の居眠り事件によりこの病気の認知度も広がったが、今でもSASの診断、治療を受けている人は一部に過ぎない。「今後もこの病気の重要性を周知させ適切な治療が受けられるような、環境を整備するための活動をしていきたいです」(赤柴医師)

医師プロフィール

1975年 日本大学医学部卒業 第一内科学教室入局
1985~1986年 米国Washington大学付属Harborview Medical Center留学
1987年 日本大学医学部付属板橋病院呼吸機能室室長
1988~1989年 国立立川病院呼吸器科医長
1989年 日本大学医学部付属板橋病院呼吸機能室室長
1994年 日本大学医学部第一内科講師
1997年 日本大学医学部第一内科助教授(現日本大学呼吸器内科学講座)
2000年 日本大学医学部付属板橋病院呼吸器科部長
2007年 日本大学医学部付属板橋病院睡眠センター長
2007年 日本大学医学部睡眠学・呼吸器内科教授
2015年 医療法人社団 博翔会 志木呼吸器科クリニック 院長
(更新日:2017年1月23日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会