飯野ゆき子 医師 (いいのゆきこ)

東京北医療センター

東京都北区赤羽台4-17-56

  • 耳鼻咽喉科
  • 科長

耳鼻咽喉科 外科

専門

中耳手術(鼓室形成術、鼓膜形成術など)、難治性中耳炎の治療、難聴一般、小児耳鼻咽喉科

飯野ゆき子

飯野ゆき子医師は、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、癒着性中耳炎、耳小骨奇形などの中耳疾患の診断・治療、外リンパ瘻閉鎖術などの中耳手術などを専門とする。治療には鼓膜形成術あるいは鼓室形成術を実施。手術では聴力の改善と耳漏を止めることを目標とする。手術に関しては穿孔の大きさや場所、年齢、耳小骨の可動性、耳手術歴、保有する菌など、人それぞれ異なるため、それらを慎重に検討する。安全で確実、患者の満足度は極めて高い。好酸球性中耳炎などの難治な中耳炎の治療にも良好な成績をあげている。
現在は、東京北医療センターに異動となり、難聴・中耳手術センターを開設。飯野医師は、中耳手術の経験が5000件以上あり、経験豊富でかつ安定した手術実績を誇っておる。

医師プロフィール

1974年3月 東北大学医学部卒業、東北大学耳鼻咽喉科学教室入局
1981年8月 ロンドン医科大学留学
1983年4月 東北労災病院耳鼻咽喉科
1985年6月 国立医療センター(現国立国際医療センター)耳鼻咽喉科厚生技官
1992年4月 帝京大学医学部耳鼻咽喉科助教授
2006年1月 自治医科大学附属さいたま医療センター耳鼻咽喉科教授
2008年4月 自治医科大学附属さいたま医療センター副センター長(併任)
自治医科大学の名誉教授、客員教授で、東京北医療センター耳鼻咽喉科科長
(更新日:2018年1月11日)