村上信五 医師 (むらかみしんご)

名古屋市立東部医療センター

愛知県名古屋市千種区若水1-2-23

  • 耳鼻咽喉科
  • 病院長

耳鼻咽喉科 頭頸部外科 神経内科

専門

顔面神経麻痺の基礎と臨床,聴神経腫瘍に対する手術治療,頭蓋底外科,耳科手術全般

村上信五

村上信五医師は、真珠腫性中耳炎、耳管機能障害、顔面神経麻痺、聴神経腫瘍などのスペシャリストとして、これらの疾患の診断・治療を行うほか、名古屋市立東部医療センターの病院長も務めている。真珠腫性中耳炎は鼓室形成術を中心に聴力改善に努めている。顔面神経麻痺は薬物治療と重症例に対しては顔面神経減荷術を行っており、聴神経腫瘍は脳神経外科や放射線科と連携して、聴力や顔面神経機能を保存する手術に力を入れ、国内有数の実績を誇っている。そのため、全国から多くの紹介患者が来院する。

医師プロフィール

1980年3月 愛媛大学医学部 卒業
1980年6月 愛媛大学医学部附属病院
1980年12月 愛媛県立中央病院
1981年10月 愛媛大学医学部教員
1983年2月 積善会附属十全総合病院
1987年10月 愛媛県立中央病院
1988年4月 愛媛大学博士号(医学)取得
1989年6月 米国スタンフォード大学研究員
1991年4月 愛媛大学医学部教員
1998年10月 名古屋市立大学医学部教授
2002年4月 名古屋市立大学大学院医学研究科教授
2012年6月 名古屋市立大学学長補佐(兼任)
2014年4月 名古屋市立大学病院 副病院長
2018年4月 名古屋市立東部医療センター病院 病院長
(更新日:2018年8月22日)