村上信五 医師 (むらかみしんご)

名古屋市立大学病院

愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1

  • 耳鼻咽喉科
  • 副病院長
  • 教授 、診療科部長、学長補佐

耳鼻咽喉科 頭頸部外科 神経内科

専門

顔面神経麻痺の基礎と臨床,聴神経腫瘍に対する手術治療,頭蓋底外科,耳科手術全般

村上信五

村上信五医師は、真珠腫性中耳炎、耳管機能障害、顔面神経麻痺、聴神経腫瘍などのスペシャリストとして、これらの疾患の診断・治療を行うほか、同大学の学長補佐も務めている。同科外来では、頭頸部専用の3次元CTを導入し、診断や手術前ブリーフィングに活用。また、脳神経外科や放射線科と連携して、聴力や顔面神経機能を保存する聴神経腫瘍手術や、顔面神経麻痺に対する手術及び薬物治療を行っており、国内有数の実績を誇っている。そのため、全国から多くの紹介患者が来院する。

診療内容

村上医師の専門分野は真珠腫性中耳炎、耳管機能障害、顔面神経麻痺、聴神経腫瘍などであり、同科では、これらの疾患に対して専門外来を設けている。
難治性の慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対しては、手術治療を専門に実施。同科の手術の術式の特徴は外耳道を保存する鼓室形成術で、正常の外耳道を残すことにより聴力の改善や術後のケアが容易となる。年間の手術件数は約110件。鼓膜にあなが空く単純穿孔性中耳炎には数日の短期入院治療を行っている。
耳管機能障害は閉鎖症と開放症があり、開放症は一般診療では見逃されやすく治療も難しい疾患である。耳がポーンとする、自分の声が大きく反響する、自分の呼吸している音が気になるなどの症状があり、妊娠中の女性や急に体重が減少した場合などにみられることが多い。同科では、最新の診断機器を整備するとともに、鼓膜にテープを貼る簡易治療法を独自に開発して好成績を得ている。難治性開放症に対する鼓膜や耳管に対する手術治療も積極的に行っている。
顔面の動きが悪くなる顔面神経麻痺に対しては、急性麻痺から1年以上経過した陳旧例まですべての麻痺を治療。急性麻痺には、抗ウィルス薬やステロイドを使用した2週間以内の薬物治療を行い、電気生理学的検査にて早期に予後を診断し、重症で手術治療が必要な症例には減荷手術を施行している。また、完治せず後遺症の残った症例には顔面の形成手術を施行。顔面痙攣などの異常顔面運動に対してもボトックスなどの治療を行う。年間患者数は約100例。
聴神経腫瘍は内耳と脳の間に存在する神経に発生する腫瘍で、めまい、ふらつき、難聴、耳鳴などの症状を伴う。MRIの普及で早期診断される場合が増えており、手術治療、放射線治療が行われている。小さな腫瘍で聴力の良好な患者には、術中モニタリング装置を使用して、聴力と顔面神経の機能保存手術を施行。年間手術件数は20~30件で、これまでに250例を越える手術実績があり、術後成績も顔面神経の保存率は95%、聴力保存率は70%という全国屈指の成績をあげている。

医師プロフィール

1980年3月 愛媛大学医学部 卒業
1980年6月 愛媛大学医学部附属病院
1980年12月 愛媛県立中央病院
1981年10月 愛媛大学医学部教員
1983年2月 積善会附属十全総合病院
1987年10月 愛媛県立中央病院
1988年4月 愛媛大学博士号(医学)取得
1989年6月 米国スタンフォード大学研究員
1991年4月 愛媛大学医学部教員
1998年10月 名古屋市立大学医学部教授
2002年4月 名古屋市立大学大学院医学研究科教授
2012年6月 名古屋市立大学学長補佐(兼任)
2014年4月 名古屋市立大学病院 副病院長