山本晴義 医師 (やまもとはるよし)

労働者健康安全機構 横浜労災病院

神奈川県横浜市港北区小机町3211

  • 勤労者メンタルヘルスセンター
  • センター長

心療内科 内科

専門

うつ病

山本晴義

日本産業ストレス学会の理事を務める勤労者の心の病気のエキスパート。心療内科医として、うつ病を含む勤労者のストレス病に関する啓発・予防・治療・リハビリに精力的に取り組んでいる。数多くの著作や講演を通じて、現代のストレス社会の中でも生き生きと過ごすためのヒントを伝授する。また、その日のストレスをその日のうちに解消する「ストレス一日決算主義」を提唱し、ストレスを翌日に持ち込まない生き方を自らも実践。全世界の勤労者から毎年7,000件以上のメール相談が寄せられる。

医師プロフィール

1972年 東北大学医学部 卒業
1976年 東北大学医学部心療内科助手
1981年 (医療法人)呉羽総合病院心療内科部長
1982年 (医療法人財団)梅田病院院長
1991年 労働福祉事業団 横浜労災病院心療内科部長
2003年 横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長(専任)
(更新日:2014年6月12日)

「うつ病」を専門とする医師