古賀良彦 医師 (こがよしひこ)

メンタルクリニックいわお

東京都杉並区西荻北3-18-12

  • 精神科・内科
  • 杏林大学名誉教授

精神科 内科

専門

うつ病、統合失調症、睡眠障害、精神生理学、食事と香りの抗加齢及び抗ストレス効果の研究

古賀良彦

うつ病、睡眠障害、統合失調症治療・研究のエキスパートとして、日本ブレインヘルス協会理事長、日本催眠学会理事長、日本薬物脳波学会副理事長などの要職を務めている。アロマテラピーや食品、ぬり絵の効果を脳波分析や脳機能画像を用いて検証し、臨床への応用を試行している。抗うつ薬に反応しない難治性うつ病に対しては、患者の前頭部に非侵襲的に磁気刺激を与える経頭蓋磁気刺激療法を行う。患者の左前頭部に磁気コイルを軽く当てて脳に刺激を与える治療法で、同科では1999年にこの治療を国内で初めて開始し、先駆的役割を担っている。
現在は、杏林大学を退職し名誉教授となり、メンタルクリニックいわおに勤務している。

診療を受けるには

古賀医師の診察は、木曜・第4金曜・第1土曜、完全予約制。

医師プロフィール

1971年3月 慶應義塾大学医学部 卒業
1976年4月 杏林大学医学部精神神経科学教室入室
1990年4月 杏林大学医学部精神神経科学教室助教授
1999年4月 杏林大学医学部精神神経科学教室主任教授
杏林大学名誉教授
メンタルクリニックいわお 勤務

所属学会

日本TMS研修センター理事長、精神保健指定医、医学博士、日本精神神経学会認定専門医、日本臨床神経生理学会認定医・名誉会員、日本催眠学会理事長、日本ブレインヘルス協会理事長、日本薬物脳波学会副理事長

主な著書

『睡眠と脳の科学』(祥伝社新書)
『脳をリフレッシュする大人のぬりえ』(2006年きこ書房)
『ぬりえの不思議』(2010年ぎょうせい)
『熟睡する技術』(2013年メディアファクトリー)
『いきいき脳の作り方』(2010年 技術評論社)
『快眠美人になる!』(2011年ホーム社、監修)a
『早引き心の薬事典』(2010年ナツメ社)
『大人の折り紙-脳のトレーニング』(2007年 角川GP)
『週末うつ』(2012年 青春出版社)
ほか

医師発信欄

睡眠記録アプリ:「ぐっすり~ニャ」かくれ不眠ラボ: http://www.brainhealth.jp/suimin/
(更新日:2021年3月16日)

同じ疾病を専門とする医師一覧