内富庸介 医師 (うちとみようすけ)

国立がん研究センター中央病院

東京都中央区築地5-1-1

  • 支持療法開発部門
  • 部門長

精神科 内科

専門

うつ病、ストレス障害、精神腫瘍学

内富庸介

内富庸介医師は、サイコオンコロジー(精神腫瘍学)のスペシャリスト。91年がん分野で米国トップとされるメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターでがん患者の精神的ケアについて学び、日本国内での精神腫瘍学の確立を決意する。95年国内初である国立がんセンター研究所支所精神腫瘍学研究部の創設に携わった。がん告知後に生じる落ち込みのケア、うつ病の病態研究に取り組む傍ら、がん患者の意向調査に基づいた「がん医療におけるコミュニケーションプロトコール」を開発した。医師に対するコミュニケーションスキルの向上にも力を注いでいる。

医師プロフィール

1984年3月 広島大学医学部卒業
1988年8月 国立呉病院・中国地方がんセンター精神科医員
1991年3-5月 厚生省HIV留学制度により米国スロンケタリングがんセンタ-記念病院精神科研修
1994年12月 広島大学医学部神経精神医学教室講師
1995年9月 国立がんセンター研究所支所精神腫瘍学研究部室長
1996年4月 同 部長
2005年10月 国立がんセンター東病院臨床開発センター精神腫瘍学開発部長
2010年4月 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科精神神経病態学教室教授
2015年1月 国立がん研究センター中央病院精神科神経科 支持療法開発センター長
2016年1月 国立がん研究センター中央病院 支持療法開発部門 部門長
(更新日:2019年8月14日)

同じ疾病を専門とする医師一覧