豊田一則 医師 (とよだかずのり)

国立循環器病研究センター病院

大阪府吹田市藤白台5-7-1

  • 脳血管内科
  • 副院長(脳血管部門長)

神経内科 内科

専門

脳血管障害(脳卒中)、神経内科学、高血圧症

豊田一則

国立循環器病研究センター病院は、国内ではじめて本格的な脳卒中ケアユニット(SCU)を立ち上げて集約的な脳卒中急性期内科治療を開始し、近年の血栓溶解療法など新規治療の承認や普及にも中核施設として貢献した、脳卒中診療のセンター・オブ・センターである。脳血管部門の内科と外科とで良好に連携し、24時間365日体制で急性期脳卒中患者を断らずに受け入れている。豊田医師は脳卒中診療チームで部門長として中心的役割を果たし、国内外に最新診療情報を発信し続けている。また後進の育成に力を注いでいる。

医師プロフィール

1987年3月 九州大学医学部 卒業
1989年5月 国立循環器病センター(旧称)レジデント
1996年12月 米国アイオワ大学 内科研究員
2002年4月 国立病院(機構)九州医療センター 脳血管内科科長
2005年4月 国立循環器病センター 脳血管内科医長
2010年8月 国立循環器病研究センター 脳血管内科部長
2013年10月 国立循環器病研究センター 脳血管部門長を併任
2017年10月~国立循環器病研究センター 副院長(現職)
(更新日:2018年6月18日)

「脳卒中」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会