酒向正春 医師 (さこうまさはる)

ねりま健育会病院

東京都練馬区大泉学園町7-3-28

  • 院長

脳神経外科 リハビリテーション科 外科

専門

脳卒中 リハビリテーション 脳神経外科 認知症治療 脳ドック

酒向正春

酒向正春医師は、脳卒中リハビリのエキスパート。愛媛大学卒業後、1987年に脳卒中治療を専門とする脳神経外科医となる。20代30代は大学病院や総合病院の第一線で手術に明け暮れる日々を過ごし、2000年デンマーク国立オーフス大学の助教授時代に、脳が持つ自然回復力や脳科学とリハビリの連携を学ぶ。病気の治療以上に人間回復させることが重要と考え、脳リハビリテーション医に転向する。2004年初台リハビリテーション病院で脳卒中診療科長、2012年に新設された世田谷記念病院にて同院副院長および回復期リハビリテーションセンターのセンター長を務める。できるだけ早い段階でリハビリする「攻めのリハビリ」を推奨し、脳科学的診断に基づき確実な成果を上げている。また、ライフワークとして、高齢者や後遺症を持った人にもやさしい街づくりの実現を目指し、「健康医療福祉都市構想」を提言。東京初台地区の「初台ヘルシーロード」や二子玉川地区の超高齢化社会に対応した都市整備にも尽力。

2017年4月1日に開院した大泉学園複合施設では、回復期リハビリテーションセンター「ねりま健育会病院」と介護老人保健施設「ライフサポートねりま」、通所リハビリテーション、訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅介護支援事業所の機能を有し、病院長と老健管理者を務める施設長となる。2016年4月より練馬区と連携した練馬健康医療福祉都市構想委員会を始動。

医師プロフィール

1987年 愛媛大学医学部卒業 愛媛大学脳神経外科入局
1993-97年 十全総合病院 脳神経外科 部長
1997年 愛媛大学医学部 脳神経外科 助手
1997-2000年 デンマーク国立オーフス大学脳神経病態生理学研究所助教授
2000年 愛媛大学医学部 脳神経外科 助手復帰、デンマーク国立オーフス大学脳神経病態生理学研究所客員教授
2003年 愛媛大学医学部 脳神経外科 講師
2004-11年 初台リハビリテーション病院 脳卒中診療科科長
2012-15年 世田谷記念病院 副院長・回復期リハビリテーションセンター長
2015-17年 健育会竹川病院 院長補佐・回復期リハビリテーションセンター長
2017年4月 大泉学園複合施設施設長、ねりま健育会病院病院長 老健ライフサポートねりま管理者、愛媛大学医学部 脳神経外科 非常勤講師

所属学会

委員:心臓血管外科専門医認定機構委員、ステントグラフト実施基準管理委員、 科学研究費委員会専門委員、 日本外科学会誌編集委員長、 日本外科学会英文誌(Surgery Today)編集委員、Circulation Journal (associate editor)、日本心臓血管外科学会雑誌編集委員、 日本循環器学会編集委員、日本循環器学会専門誌編集委員、 日本心臓血管外科学会専門医制度検討委員、日本外科学会心臓血管外科専門医委員、 日本心臓血管外科学会雑誌編集委員、日本血管外科学会学術委員
(更新日:2017年4月4日)

同じ疾病を専門とする医師一覧