加藤庸子 医師 (かとうようこ)

藤田医科大学病院 坂文種報徳會病院

愛知県名古屋市中川区尾頭橋3-6-10

  • 脳神経外科
  • 教授

脳神経外科 救急医療科 外科

専門

脳血管障害、脳卒中、特にくも膜下出血(破裂脳動脈瘤、脳動静脈奇形)

加藤庸子

加藤庸子医師は、くも膜下出血を未然に防ぐ「クリッピング術」のスペシャリストとして知られる。2006年、脳神経外科において日本で最初に女性の教授となり、2012年9月には「日本脳神経外科学会」の初の女性理事に選出。 アメリカ セントルイス大学医学部で、自ら行った手術を英語で解説する講演を行う。女性脳外科医では世界一と言われる手術数1,300例以上を誇る権威である。その技を見たいと世界中から医師が駆けつけ講演の要望は世界各国から寄せられている。また、加藤医師は、自分の経験を教訓に女性医師が結婚や出産後も仕事を続けられる環境をと、38歳の時に日本脳神経外科女医会を発足。現在も週3回以上の手術をこなし加藤医師を頼って全国から患者が訪れている。

2014年10月に、藤田医科大学病院坂文種報德會病院 脳神経外科に勤務地を移動し、脳血管障害、特に未破裂動脈瘤、生まれつきの脳動静脈奇形、脳梗塞、脳の検診なども含めた脳血管障害を中心とした部門設立を目的として新講座及び脳血管ストロークセンターを設立。

医師プロフィール

1978年 愛知医科大学医学部卒業
1980年 名古屋保健衛生大学脳神経外科教室研修医
1981年 中華人民共和国蘇州医学院付属第一病院脳神経外科留学
1982年 トヨタ病院脳神経外科局長
1984年 藤田学園保健衛生大学脳神経外科研究助手
1985年 脳神経外科認定医取得
1986年 オーストリア、グラーツ大学留学
1991年 藤田学園保健衛生大学医学部 脳神経外科学講座講師
2000年 藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科学講座助教授
2006年 藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科学講座教授
2008年4月 藤田保健衛生大学病院 救命救急センター 副センター長兼任
2010年4月 藤田保健衛生大学病院 救命救急センター センター長
2014年10月 藤田医科大学病院(旧:藤田保健衛生大学)坂文種報德會病院脳神経外科に勤務地移動
(更新日:2019年1月24日)

「脳卒中」を専門とする医師