村山雄一 医師 (むらやまゆういち)

東京慈恵会医科大学附属病院

東京都港区西新橋3-19-18

  • 脳血管内治療部 脳神経外科
  • 診療部長 主任教授

脳神経外科 外科

専門

脳血管内治療
脳動脈瘤(破裂、未破裂)、脳動静脈奇形、硬膜動静脈奇形、脊髄動静脈奇形に対する塞栓術、急性期の脳梗塞、頸動脈および頭蓋内狭窄症に対する血管形成術、ステント留置術など

村山雄一

村山雄一医師は、未破裂動脈瘤治療の名手。世界初の生体反応性を高めた塞栓用コイル=マトリックスコイル、スマホを利用して脳卒中の救急医療をサポートする遠隔画像診断治療補助システムなど、村山医師のアイデアから生まれたものである。世界の脳卒中医療を進化させるキーマンとして最近はスポーツ神経外傷の予防にも力を入れている。カリフォルニア大学ロサンゼルス校脳血管内治療部教授を経て現職。数々の執筆活動を行うなど、国内外で活躍している。多くの受診希望患者さんに対応するため総合東京病院、クリントエグゼクリニックでも脳血管疾患専門のセカンドオピニオン外来を行なっている。

診療内容

世界初の生体反応性を高めた塞栓用コイル=マトリックスコイルとは「術後1年ぐらい経つと、コイルを詰めた瘤の中に隙間ができ、再治療が必要になるケースが一定の確立で起きる」というコイル塞栓術のデメリット解消をめざして開発された。表面にポリマーが塗ってあり、時間とともに溶けて瘤の隙間を埋めていく、このコイルを加えて使うことで、再発率は「半減」する。
また、スマホを利用して脳卒中の救急医療をサポートするクラウド型ソフト遠隔画像診断治療補助システム「JOIN(ジョイン)」も、村山医師のアイデアをもとに生まれたものである。緊急を要する脳卒中診療上の必要な情報を直ちに送受信できるようになっている。

 脳卒中を発症した患者が搬送された病院から、院外にいる専門医に患者の検査画像や診療情報を送信し、脳卒中発症時の治療に必要な処置情報をやりとりするのに「JOIN」は使われ、病院内での診断や治療をサポートするシステムである。「時間との勝負」と言われる脳卒中医療にとっては、強力な助けになっている。
 最も重篤な脳卒中の大半を占める「くも膜下出血」のもととなる未破裂動脈瘤治療の名手として知られる村山医師は、類まれなアイデアマンであり、強力なリーダーシップの持ち主である。「自分ですべてできる必要はありません。こうしたらいいんじゃないかというアイデアと、それぞれの分野の才能を持った人たちが集まる環境を作ればいいんです」と言う。
また、未破裂動脈瘤の不要な治療を減らすことにも努力し、日々、外科治療を行うかたわら、血管が狭くなった部位や脳動脈瘤の血流をコンピュータで解析を進め、それぞれの瘤の破裂の危険性を見極める作業などを行ない、手術をせずに半年から1年間隔の定期検査だけで済んでいる患者が「7割」を占めるまでになった。
「患者さんにとって一番いいのは、治療をやらずに済むことです」(村山医師)
コイル塞栓術の登場で、従来の開頭手術はもはや治療の第一選択肢ではなくなった。
「不要な治療を減らすのと同時にめざしているのは、より安全性の高い治療法の開発です。リスクがゼロなら、みんな治療したくなるでしょう」(村山医師)
大学病院での総合東京病院の脳神経外科顧問に就任し、脳血管疾患専門のセカンドオピニオン外来を開始、患者に寄り添い納得のいく治療法を選択する手助けを行なっている。

医師プロフィール

1989年3月 東京慈恵会医科大学卒業
1991年6月 同脳神経外科学教室助手
1996年9月 カリフォルニア大学ロサンゼルス校脳血管内治療部助教授
2000年1月 カリフォルニア大学ロサンゼルス校放射線研究センター、センター長
2001年7月 カリフォルニア大学ロサンゼルス校脳血管内治療部 准教授
2003年3月 慈恵医大脳神経外科 講師
2003年9月~現在 東京慈恵会医科大学 脳血管内治療部 診療部長
2004年1月~現在 東京慈恵会医科大学 脳神経外科 特任教授
2004年4月~2009年3月 早稲田大学理工学総合研究センター客員教授
2004年7月 カリフォルニア大学ロサンゼルス校脳血管内治療部教授
2013年4月 東京慈恵会医科大学脳神経外科講座主任教授
2016年 東京慈恵会医科大学 脳卒中センター長

「脳卒中」を専門とする医師