篠原幸人 医師 (しのはらゆきと)

立川病院

東京都立川市錦町4-2-22

  • 脳神経内科
  • 名誉院長

脳神経内科 神経内科 内科

専門

脳卒中、パーキンソン病、もの忘れ(認知症)、神経難病、原因不明の頭痛、めまい、脳ドック、人間ドック

篠原幸人

篠原幸人医師は、45年以上、脳卒中の患者に向き合い、数多くの臨床経験を積んできたことから、脳卒中や神経難病などに対する予防・診断・治療に詳しい。日本脳卒中学会前理事長、アジア大洋州脳卒中学会前理事長、脳卒中合同ガイドライン委員会委員長など、この分野の重要ポストを歴任。脳梗塞や脳出血に関する著書や患者向け図書を出版するなど、周知活動にも積極的にかかわっている。人の心を大切にし、質の高い、思いやりのある、患者の目線に立った医療を実践している。2013年4月より院長業務から開放され、現在は名誉院長であるが従来通り、外来など診療業務を続ける。他に週1回東京代々木の東海大学医学部付属東京病院でも外来を持ち、また2016年6月からは人間ドック学会の理事長も務めている。

診療内容

1)認知症関係
 近年の日本は超高齢者社会に突入し、認知症は大きな社会問題となっています。以前、認知症は年をとれば誰でもなるもので、治療法は全くないもの、家族に認知症が発生すると恥ずかしいなどと考える人も多かったようです。しかし、認知症も一種の生活習慣・生活環境病であり、その発症を日常生活の注意で遅らせることも可能、また軽症のうちに発見できればその進行をある程度おさえる方法も発見されてきました。認知症の原因はさまざまで、中には十分治療可能なものもあります。もし、ご自身やご家族の方々が何かおかしいと感じられたら、脳神経内科や精神科にご相談されることをおすすめします。
 
2)脳卒中関係
 一言に脳卒中といってもその種類も程度もさまざまです。まず大切なものは予防で、その為にはかかりつけの先生や人間ドック健診などで早目に高血圧・糖尿病・脂質異常症などをチェックしてもらうことと、もし急に「呂律がまわらない」、「どちらかの手が上手く動かない」、「急にめまいがしたり、よろけたりした」、「急に顔がゆがんだ」、「今迄、経験したこともない、頭を金槌で叩かれたような強い頭痛がした」などの症状に気付いたら一分一秒でも早く脳卒中専門医(脳神経内科医、脳外科医)がいる病院に行くことです。意識がしっかりしているからと、様子をみるということはやめてください。場合によっては119番に連絡して救急車を呼ぶことです。

3)神経難病(パーキンソン病など)関係
 手が震える・上手く歩けないなどパーキンソン病やそれに似た症状が出た、あるいは力が入らなくなった、ふらつくなどは神経難病の始まりかもしれません。しかしその診断は専門医でないと難しく、専門外の先生だと手に負えないこともあります。そのような時は、脳神経内科専門医に早目に診てもらうことが必要です。診察だけでは分からなくても、種々の特殊検査などで診断がつくこともあります。病気によっては従来の元気な状態に戻れる方もたくさんいます。

 以上3つの病気は病院に行くのが早ければ早い程、よくなる可能性が高くなります。その為にも普段から少なくとも一年に一回は人間ドック健診、特定健診、がん検診、企業健診などをきちんと受けて、早期発見に心がけることと、今はお元気でも十分な生活指導を人間ドック健診で受けて病気の発症自体を防ぎ、寿命の延長ばかりでなく、「健康寿命」の延伸を心がけてください。

医師プロフィール

1963年3月 慶応義塾大学医学部 卒業
1964年4月 聖路加国際病院インターン後、慶応義塾大学医学部大学院入学、
1967年7月~1970年 米国デトロイト・ウェイン州立大学、ヒューストン・ベイラー医科大学留学
1970年4月 慶応義塾大学医学部内科学教室に戻る
1974年5月 慶応義塾大学内科医長
1976年6月 東海大学医学部神経内科科長
1983年4月 東海大学医学部神経内科教授・科長
1997年4月 東海大学医学部付属東京病院院長兼任
2002年4月 東海大学伊勢原病院副院長兼任
2003年~2009年 日本脳卒中学会理事長
2004年 東海大学東京病院 脳卒中・神経センター長・東海大学特任教授
2006年4月 国家公務員共済組合連合会 立川病院院長
2007年 東海大学名誉教授
2009年~2011年 アジア太洋州脳卒中学会理事長
2013年4月 国家公務員共済組合連合会 顧問
2016年6月 日本人間ドック学会理事長
現在は、立川病院 名誉院長

「脳卒中」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会