片山泰朗 医師 (かたやまやすお)

総合東京病院

東京都中野区江古田3-15-2

  • 神経内科 脳卒中センター
  • センター長

神経内科 内科

専門

脳血管障害の診断・治療、認知症、頭痛、神経疾患全般

片山泰朗

神経内科を専門とするが、なかでも脳卒中の慢性期の管理を主としておこなっている。日本医科大学を卒業後、1986年には「脳虚血の病態の研究」のためリサーチフェローとして米国ペンシルバニア大学脳外科教室へ留学。現在は日本脳卒中学会名誉会員・専門医として、我が国の脳卒中治療の発展に貢献している。診療では、慢性期脳卒中患者のマネジメント、認知症、パーキンソン病およびその類縁疾患および頭痛など神経疾患全般を行い、後遺症が残る患者に対しては早期よりリハビリテーション専門医の診断のもとにリハビリを受けられる。

診療内容

神経救急では、脳外科医、神経内科医、脳卒中専門医が中心に脳卒中急性期の対応を行っており、早期の血栓溶解薬(t-PA)の投与が行われている。また、脳血管内治療が必要な場合には血管内治療専門医がただちに治療を行っている。当病院では、多列検出型(64列)CT装置、MRI装置(1.5T,3T)、SPECT装置、PET/CT装置及び血管撮影装置が設置され、高度先進医療を行っている。
◆脳卒中とは
脳の血管が障害されることで、脳組織の損傷が起こり、脳機能障害を生じる病気である。脳卒中は大きく分けて、脳梗塞(脳の血管が詰まる)、脳出血(脳の血管が破れる)、くも膜下出血(動脈瘤などが破裂して起こる)の3つに分類される。さらに、脳梗塞には「ラクナ梗塞(穿通枝と呼ばれる細い血管が詰まる)」「アテローム血栓性脳梗塞(動脈硬化が原因)」「心原性脳梗塞症(脳血管内に血の塊が入って詰まる)」と3つのタイプがあり、タイプによって治療法が変わってくる。
◆症状は
脳の神経細胞が障害されるため様々な神経微候が現れる。例えば、
・脳梗塞・脳出血では、半身麻痺(片麻痺)、感覚障害(しびれ)、言語障害(ろれつが回らない)、物が二重に見える、焦点が合わない、片目だけ幕がかかったように見えずらい、回転性のめまいなど
・くも膜下出血では、雷に打たれたような痛み、激しい頭痛など
◆危険因子や疾病について
一般的に脳卒中は、高血圧が最大の危険因子と言われ、高血圧を治療することで脳卒中の発症リスクは低下される。また、糖尿病は脳卒中の発症が2~4倍増、その他、脂質異常症、心房細動、喫煙なども危険因子としてあげられる。最近では、睡眠時無呼吸症候群やメタボリックシンドローム、慢性腎臓病も発症リスクが高いことが分かってきた。
◆治療や予防は
高血圧では、減塩、肥満の改善、降圧薬の服用など。糖尿病では、食事療法、運動療法、薬物療法など。脂質異常症では、食事療法、高脂血症治療薬の服用など。病気の治療を行い危険因子や疾病のコントロールをすることで脳卒中が予防できる。

医師プロフィール

1974年8月 日本医科大学 卒業
1975年1月 日本医科大学第二内科入局
1982年1月 日本医科大学大学院医学研究科(臨床系内科学専攻)卒業
1986年9月 米国ペンシルバニア大学脳外科教室留学
1994年2月 日本医科大学神経内科部長
1998年4月 日本医科大学第二内科教授
2006年4月 日本医科大学内科(神経・腎臓・膠原病リウマチ部門)教授
2014年4月 日本医科大学名誉教授
2014年5月 総合東京病院 神経内科・脳卒中センター センター長

「脳卒中」を専門とする医師