吉村紳一 医師 (よしむらしんいち)

兵庫医科大学病院

兵庫県西宮市武庫川町1-1

  • 脳神経外科
  • 主任教授 診療部長 脳卒中センター長(兼任)

外科 脳神経外科

専門

脳神経外科疾患全般 脳血管内治療および脳神経外科手術

吉村紳一

吉村紳一医師は、岐阜大学医学部や国立循環器病センターで臨床を学んだ後、ハーバード大学に留学し神経再生の研究を行った。その後、チューリッヒ大学にも留学し、世界トップレベルの脳外科手術を学ぶ機会も得た。これらの経験を活かして、患者さんと共に日々脳の病気と闘っており、これまで約4,000件以上の脳神経外科疾患を手掛け、良好な成績を収めている。
最近では、従来の治療で救えない患者さんのために再生医療などの新治療法開発のための研究にも力を入れている。
吉村医師は、カテーテルで行なう脳血管内治療とメスで行なう脳外科手術の両方を手掛ける「二刀流」医師である。兵庫医科大学病院には手術室の中にカテーテル治療用の機器を備えた「ハイブリッド手術室」があり、それを駆使して両方を組み合わせた治療も可能で、全国から多くの患者さんが受診する。また、次世代を担う若手医師の育成にも力を注いでいる。

診療内容

同院脳神経外科は、脳血管障害:脳梗塞・くも膜下出血・脳内出血といった脳卒中と、未破裂脳動脈瘤、頚動脈狭窄症、もやもや病、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻、海綿状血管腫など、すべての脳血管障害の外科的治療に7名の脳血管治療専門医(うち指導医2名)が24時間体制で対応している。未破裂脳動脈瘤の治療や超急性期脳梗塞に対するカテーテル治療は、国内トップレベルの経験を有し、特に大型脳動脈瘤に対する「フローダイバーター留置術」を積極的に行っている。フローダイバーターとは、目の細かいメッシュの筒を用いることで切らずに根治できる治療器具で、この器具を動脈瘤のある根元の血管に留置するだけで、徐々に動脈瘤が縮小していくという画期的な治療法である。ただし、この器具は脳血管内治療の経験豊富な医師しか使用することができず医師が限定されており、吉村医師は日本でもトップクラスの治療医である。また、この治療は限られた病院でしか対応ができないため、全国から患者さんが同院に来院する。

吉村医師は「脳卒中のほとんどは予防が可能なのです」と言う。吉村医師が考案した【脳卒中をやっつけろ五か条】がある。それは、「1. 敵を知り、2. 己を知れ、3. 危うきを避け、4. 薬を煎じ、5. 術を使え」の5つから成り、具体的には「1. 脳卒中のことを理解し、2. MRI検査など自分の体を調べること、3. 脳卒中になりやすい因子を避け、4,5. 薬や手術などで予防する」というものである。脳卒中を避けるためには、患者さんやその家族にも知識が必要であると考え、10年以上前からブログ「脳卒中をやっつけろ!」で情報を発信しており、2018年3月には脳卒中予防に関する情報をわかりやすくまとめた書籍「脳卒中をやっつけろ!」も出版した。

医師プロフィール

1963年 岐阜県生まれ
1989年 岐阜大学医学部卒業 、同大学脳神経外科学教室に入局
1992年 国立循環器病センター脳神経外科
1995年 岐阜大学大学院 脳神経外科
1999年 ハーバード大学マサチューセッツ総合病院脳卒中研究室
2000年 スイス・チューリヒ大学脳神経外科臨床研修員
2004年 岐阜大学大学院医学系研究科 助教授
2013年 兵庫医科大学脳神経外科 主任教授
2014年 兵庫医科大学 脳卒中センター長(兼任)

「脳卒中」を専門とする医師