目崎高広 医師 (めざきたかひろ)

榊原白鳳病院

三重県津市榊原町5630

  • 脳神経内科
  • 診療顧問

脳神経内科 内科

専門

神経内科学、特に運動異常症、電気生理学、眼瞼痙攣・片側顔面痙攣・痙性斜頸などのボツリヌス療法

目崎高広

神経内科疾患の専門医である。神経筋疾患の電気生理検査のほか、運動異常症、なかでも眼瞼痙攣・痙性斜頸などのジストニアや、片側顔面痙攣など、ボツリヌス療法の対象となりうる疾患の症候学、およびボツリヌス療法の基礎・実践に精通することで知られている。ボツリヌス療法に関して多数の著書・論文を発表しているほか、全国各地で専門家に向けた講演活動も行っている。次世代の専門家を育てるため、若手医師を対象とした講習・セミナーにおいて講師を務めることも多い。

医師プロフィール

1985年3月 京都大学医学部 卒業
2004年 榊原白鳳病院 診療顧問
(更新日:2018年6月22日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会