視力・視野・眼底検査

 視力検査は、5m離れた視力表のどの大きさまで識別可能かをみる検査で、片目ずつ、裸眼視力、矯正視力を調べます。視野検査は、視野の中で見えない部分がないか調べるもので、緑内障、脳疾患、眼底疾患などで異常がみられます。
 眼底検査は医師が眼底鏡を使って、直接患者の目をのぞき込むか、眼底写真を撮影して検査します。撮影時には瞳孔(どうこう)を開くために散瞳薬を使い、一時的にまぶしく感じたり、近くのものに焦点が合わないなどの不都合が生じます。高血圧動脈硬化があると眼底の動脈の口径が一様でなくなったり、蛇行したり、反射が増強したりして見えます。糖尿病では点状出血や白斑、眼底出血などがみられます。また、視神経乳頭陥凹(かんおう)の拡大により、緑内障が見つかることがあります。

【参照】医療機器によるおもな検査:眼底検査