小頭症〔しょうとうしょう〕

 頭が小さく、大泉門(だいせんもん)が触知できない状態をいいます。多くは脳の発育がわるくなる病気により起こります。
医師を探す

関連トピックス


横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会