亜急性硬化性全脳炎〔あきゅうせいこうかせいぜんのうえん〕

[原因]
 乳幼児期に、はしかにかかったあと数年から十数年で発症します。

[症状]
 最初は性格変化、知能低下、やがてからだがピクンとするミオクローヌス、けいれんを起こし昏睡(こんすい)になり死亡します。

[治療]
 免疫賦活(ふかつ)薬やインターフェロンを使いますが、治療は困難です。亜急性硬化性全脳炎は国が指定する難病医療費助成制度対象疾病(指定難病)の一つになっています。
医師を探す