狭頭症(頭蓋骨早期癒合症)〔きょうとうしょう(ずがいこつそうきゆごうしょう)〕

 赤ちゃんのときには頭の骨がくっついていない場所があり、そこが伸びていって頭が大きくなっていきます。その場所が生まれつきくっついていて頭の骨がひろがらない子どもがいます。これが狭頭症です。脳の成長が抑えられ、知能障害を起こしてくることもあるので、頭の骨を切り離す手術をします。
 小児慢性特定疾患に指定されています。
医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会