藤本吉範 医師 (ふじもとよしのり)

廣島総合病院

広島県廿日市市地御前1-3-3

  • 整形外科
  • 病院長

整形外科 外科

専門

脊椎脊髄外科、顕微鏡手術

藤本吉範

病院全体の医療サービスのクオリティ向上を目指す、病院長という重職にありながら、週2回は外来診療を担当して患者と直接向き合う。脊椎外科が専門で顕微鏡を用いた脊椎手術や、骨折した脊椎を骨セメントで固定する先進医療に早くから取り組み、近年はより人に優しく回復が早い「経皮的内視鏡下ヘルニア摘出術(PED)」も治療に取り入れている。また、広島東洋カープとサンフレッチェ広島のチームドクターを務め、アスリートの治療を通して得られたノウハウを一般患者の治療にも役立てている。

医師プロフィール

1979年3月 広島大学医学部医学科 卒業・整形外科入局
1981年1月 中電病院整形外科医師
1987年4月 広島大学医学部助手
1988年6月 庄原赤十字病院整形外科部長
1989年 香港大学整形外科 (Dr. PC Leong)留学
1990年1月  広島大学医学部助手
1990年7月  医学博士(広島大学)
1994年4月  広島大学医学部附属病院講師
1996年  ジョージア州Emory(エモリー) 大学脊椎センター(Dr. JG Heller )留学
2003年1月 広島大学医学部助教授
2004年4月 厚生連広島総合病院整形外科主任部長
2009年1月 厚生連広島総合病院 副院長
2012年4月 厚生連広島総合病院 院長
(更新日:2014年5月21日)

「腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)」を専門とする医師