鳥濵喜仁 医師 (とりはまよしひと)

浮間中央病院

東京都北区赤羽北2-21-19

  • 整形外科
  • 副院長

整形外科 外科

専門

整形外科全般、特に脊椎外科(脊椎内視鏡手術・小児側弯症)、腰痛

鳥濵喜仁

腰痛をはじめとする脊椎(背骨)疾患の治療は、できるだけ切らずに治し、手術する場合も必要最小限にとどめる低侵襲手術が主流となりつつある。鳥濵喜仁医師の専門の「PED:経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術」は、こうした先進的医療の実現を後押しする手術法だ。局所麻酔で施行でき、傷口が小さいうえ、入院期間も短くて済む。特殊な内視鏡を使った高度な手術だが、脊椎内視鏡手術の世界的権威の帝京大学の出沢教授の門下生として、鳥濵医師の専門的技術は高い評価を得ている。

医師プロフィール

1989年3月 浜松医科大学医学部 卒業
1989年6月 帝京大学医学部附属病院 整形外科入局
1998年4月 東川口病院 整形外科部長
2003年6月 脊椎外科研修のためオーストラリア留学。
2006年4月 帝京大学医学部附属溝口病院 整形外科助手
2007年10月 浮間中央病院附属仮診療所 整形外科部長
2008年9月 浮間中央病院 副院長 整形外科部長
(更新日:2014年5月21日)

同じ疾病を専門とする医師一覧