浦山茂樹 医師 (うらやましげき)

水野記念病院

東京都足立区西新井6-32-10

  • 整形外科
  • 部長

整形外科 外科

専門

腰椎椎間板ヘルニア、骨粗鬆症性椎体骨折

浦山茂樹

腰椎椎間板ヘルニアに対する最新の低侵襲手術である経皮的内視鏡下椎間板摘出術 (PED) の経験は700例以上あり。術後1~4日で退院可能。骨粗鬆症性椎体骨折に関する発表・論文は100以上。特に高度な椎体骨折に対しては、将来の椎体変形予防のために骨折部を手術前に整復し、その部分に局所麻酔下に7mmの傷で人工骨を数十分で充填する方法を考案、2010年の第17回日本脊椎?脊髄神経手術手技学会でbest paper賞を受賞する。なお、治療では患者との信頼関係を重視。1日に何度もベッドサイドへ足を運んで関係を深め、「手術後の最初の1歩は自分とともに」という姿勢を貫く。

医師プロフィール

1973年3月 金沢大学工学部機械工学科卒業
1980年3月 浜松医科大学医学部医学科卒業
1980年4月 富山医科薬科大学整形外科入局
1986年3月 富山医科薬科大学医学部大学院卒業
1986年4月 飯山赤十字病院整形外科部長
1991年2月 社会保険高岡病院整形外科部長 
2006年4月 高岡市民病院整形外科主任部長 
2011年10月 水野記念病院整形外科部長、帝京大学溝口病院非常勤講師
2018年3月 帝京大学溝口病院非常勤講師 退職
(更新日:2019年5月15日)

同じ疾病を専門とする医師一覧