泉雅文 医師 (いずみまさふみ)

北青山Dクリニック

東京都渋谷区神宮前3-7-10 AKERAビルB1F

  • 椎間板ヘルニア治療センター

整形外科 脳神経外科 外科

専門

脳神経外科全般、椎間板ヘルニアのレーザー治療

泉雅文

泉雅文医師は、PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)をはじめ椎間板ヘルニア治療のスペシャリスト。本来、泉雅文医師は脳神経外科医で、脳神経外科の治療に携わっていた。整形外科の治療とされるPLDDとは分野が異なるが、脳神経外科は脳に加え、脊椎・脊髄も治療の対象とする診療科であり、PLDDのような脊椎・脊髄に針を通す手技も頻繁に行っていた。脳神経外科治療で学んだ脊椎・脊髄の深い知識で、PLDDを提供している。脳神経外科の経験は、病態の正確な把握や的確な治療に役立っており2011年同院の治療が注目され、訪れる患者が急増し、PLDD治療に高い実績を持つ。

医師プロフィール

1998年3月 東京大学医学部 卒業
1998年6月 埼玉医科大学総合医療センター 脳神経外科
1998年12月 東京大学医学部附属病院 脳神経外科
1999年4月 関東労災病院 脳神経外科
2000年6月 亀田総合病院 脳神経外科
2002年6月 東京大学医学部附属病院 脳神経外科
2003年4月 NTT東日本 関東病院 脳神経外科/脳卒中センター 現職
2008年9月 北青山Dクリニック 椎間板ヘルニア治療センター 現職

主な著書

『下肢静脈瘤は自分で治せる (足の血管のコブを退治する体操と生活)』(2015年3月マキノ出版)  
(更新日:2016年1月1日)

同じ疾病を専門とする医師一覧