宮口文宏 医師 (みやぐちふみひろ)

昭和会クリニック

鹿児島県鹿児島市下竜尾町2-6

  • 整形外科
  • 主任部長

整形外科 外科

専門

脊椎、脊椎内視鏡

宮口文宏

腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡ヘルニア摘出術(MED)を得意とし、この術法を腰部脊柱管狭窄症の1椎間狭窄にも応用。とはいえ診療では手術適応を厳格にし、除圧で済ませられるものは除圧のみとするのがポリシー。自分ひとりの考えだけでなく、ほかの医師の意見も仰ぎ、鹿児島脊椎研究班の方針にのっとった治療・手術方法を志向している。2012年11月からは局所麻酔での腰椎ヘルニア摘出術(PED)を導入するほか、症例数の多い脊椎外傷に対する低侵襲手術も検討している。

医師プロフィール

1993年 鹿児島大学医学部 卒業
2004年 鹿児島大学整形外科助教
2008年 鹿児島赤十字病院リウマチ膠原病センター
2009年 今給黎総合記念病院
2010年 出水総合医療センター整形外科
2011年 今給黎総合記念病院昭和会クリニック整形外科部長
(更新日:2018年2月26日)

同じ疾病を専門とする医師一覧