武田篤 医師 (たけだあつし)

国立病院機構 仙台西多賀病院

宮城県仙台市太白区鈎取本町2-11-11

  • 脳神経内科
  • 院長

脳神経内科 神経内科

専門

パーキンソン病、パーキンソン症候群、レビー小体型認知症、アルツハイマー病などの神経変性疾患、その他神経疾患全般

武田篤

武田篤医師のグループは、嗅覚検査によってパーキンソン病における認知症発症を予測し、認知機能障害の早期発見・早期治療ができる可能を示して国際科学雑誌「Brain」に発表するなど、パーキンソン病や認知症の研究に於いて世界的に注目されている。
また、パーキンソン病診療ガイドライン2018では副委員長として改訂に従事した。パーキンソン病治療に関する著書や論文も多数発表している。
これらの業績に対して2012年、楢林賞を受賞した。これは、パーキンソン病に関連する疾患についての優れた研究を対象に、毎年1名に対し日本神経学会から贈呈される賞である。

医師プロフィール

1985年3月 東北大学医学部 卒業
1992年3月 東北大学大学院医学研究科 卒業
1985年6月 東北大学医学部附属病院研修医(神経内科)
1986年10月 国立療養所宮城病院・神経内科医師
1987年1月 国立療養所岩手病院・神経内科医師
1987年10月 国立療養所西多賀病院・神経内科医師
1994年7月 東北大学医学部助手(神経内科)
1998年10月 米国Case Western Reserve大学病理研究所・神経病理部門留学
2000年2月 東北大学大学院医学系研究科助手(神経内科)
2006年2月 東北大学病院神経内科講師
2007年5月 東北大学大学院 神経・感覚器病態学講座 神経内科学分野准教授
2013年10月 国立病院機構 西多賀病院 副院長
2014年4月 国立病院機構 仙台西多賀病院 院長
2017年4月 東北大学連携大学院 高齢者認知・運動機能障害学講座 客員教授(併任)

受賞
1994年12月 東北脳血管障害懇話会中村隆賞
1995年2月 井上科学振興財団研究奨励賞
2007年4月 東北大学医学部教育貢献賞
2012年5月 日本神経学会楢林賞
2012年11月 The Best Doctors in JapanTM 2012-2019
(更新日:2018年7月11日)

同じ疾病を専門とする医師一覧