中島健二 医師 (なかしまけんじ)

国立病院機構 松江医療センター

島根県松江市上乃木5-8-31

  • 神経内科
  • 院長

神経内科 内科

専門

認知症、パーキンソン病、頭痛、脳血管障害

中島健二

中島健二医師は、アルツハイマー病をはじめとする認知症や、神経変性疾患(パーキンソン病など)・脳血管障害に対する専門医として、その早期発見や早期治療・発症予防に積極的に取り組んでいる。これらの疾患は慢性化する傾向も高く、地域の医療・保健機関との連携も不可欠。中島医師は様々な取り組みを行いながら、他の医療や福祉・介護施設とも連携・協力し、急速に高齢化が進む現状に多大な貢献を果たしている。

2016年4月より松江医療センターの院長に赴任し、呼吸器疾患と神経疾患の政策医療・地域医療に取り組んでいる。呼吸器疾患や神経難病などに関する研修会・講演会、啓発活動として市民公開講座なども開催して行きたいとのこと。

医師プロフィール

1977年 鳥取大学医学部 卒業
1981年 鳥取大学大学院医学研究科 博士課程終了
1981年 鳥取大学医学部附属病院 助手
1982年 山陰労災病院神経内科 医長
1983年 鳥取大学医学部附属病院 助手
1988年 鳥取大学 講師
1989年 鳥取大学 助教授
1995年 鳥取大学 教授
2016年4月 独立行政法人国立病院機構松江医療センター院長
(更新日:2017年11月8日)

「認知症」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会