斎藤博久 医師 (さいとうひろひさ)

国立成育医療研究センター病院

東京都世田谷区大蔵2-10-1

  • 研究所長補佐

アレルギー科 皮膚科 内科

専門

アレルギー疾患全般、アトピー性皮膚炎

斎藤博久

斎藤博久医師は、長年にわたってアレルギー疾患の診療に携わり、アレルギー研究の第一人者として知られる。厚生労働科学研究や環境省による大規模疫学調査など、さまざまな場で責任者として研究を牽引し、リーダーシップを発揮してきた。日本アレルギー学会理事長として専門医の育成にも熱心で、すべての医師が高い水準の治療を提供するべきだという“均てん化”対策にも注力する。テレビなどのメディアを通した啓蒙活動にも積極的で、アトピー性皮膚炎を予防する「肌の保湿」の重要性を説いている。

医師プロフィール

1977年3月 東京慈恵会医科大学卒業
1986年2月 米国Johns Hopkins大学Research Fellow
1988年7月 国立小児病院 アレルギー科医員
1994年1月 国立相模原病院 小児科医長
1996年5月 国立小児病院小児医療研究センター・免疫アレルギー研究部部長
2002年3月 国立成育医療研究センター研究所 免疫アレルギー研究部部長
2003年8月 東京慈恵会医科大学小児科客員教授(兼任)
2008年4月 東邦大学大森病院小児科客員教授(兼任)
2010年4月 独立行政法人国立成育医療研究センター 副研究所長
2015年4月 国立研究開発法人国立成育医療研究センター 副研究所長
2015年4月 東北大学客員教授(兼任)
2018年4月 国立成育医療研究センター研究所 所長補佐
(更新日:2019年9月4日)

「アトピー性皮膚炎」を専門とする医師