結節性紅斑〔けっせつせいこうはん〕

 両下腿(かたい)の伸側(しんそく)に小指大からくるみ大の大きさの隆起した結節(しこり)が紅斑を伴って出現します。さわると熱く痛みを伴います。全身症状としても発熱や関節痛をみとめます。結節は3週間ほどで消えますが、出没をくり返すこともあります。
 原因はさまざまで溶連菌感染や結核などの感染症が誘因になることがあります。また、ベーチェット病やサルコイドーシス、潰瘍性大腸炎などの全身性疾患に伴ってみとめられることがあります。
 治療は、下腿の安静と非ステロイド抗炎症薬が用いられます。細菌感染が原因の場合には抗菌薬が用いられます。また、全身性疾患ではもとの疾患の治療がおこなわれ、多くは副腎皮質ステロイドが用いられます。
医師を探す