遠藤文康 医師 (えんどうふみやす)

聖路加国際病院

東京都中央区明石町9-1

  • 泌尿器科
  • 医長

泌尿器科 がん

専門

前立腺肥大症、HoLEP手術とダ・ヴィンチ手術(ロボット手術)、前立腺がん手術

遠藤文康

遠藤文康医師が専門とする、前立腺肥大症に対するHoLEP(ホルミウムレーザー前立腺核出術)は、メスで切開することなく前立腺肥大を治療する細かな技術を要する内視鏡手術である。本手術は従来の内視鏡手術のように電気メスで切除する方法と異なり、前立腺の肥大した部分(内腺)を外腺からホルミウムレーザー光を照射して、剥離(剥がす)する方法である。この方法は出血がほとんど無いことから大きな肥大症も治療可能となった画期的な手術法。核出した腺腫は膀胱内で、細切・吸引して摘出する。聖路加国際病院はいち早くHoLEPを導入し、2013年12月までに700例ほどの手術が実施されており、遠藤医師はこの手術のエキスパートである。
HoLEPは安全性の高いすぐれた手術であるが、手術後の主な合併症である術後の尿失禁がしばしば問題となった。遠藤医師は「anteroposterior dissection (順行性剥離)HoLEP」という新しい手術を考案し、失禁の合併症を従来の手術よりも減らすことができた。現在もなお、改良を重ねよりよい手術を目指し続けている。
学生時代に泌尿器科医が細かな手術の技術を職人のように磨いている姿に憧れ、泌尿器科医を志したという。

診療を受けるには

事前予約制。受診希望の方は他院からの診療情報提供書(紹介状)を用意の上、予約センター(TEL:03-5550-7120)で予約を取ってから来院(予約取得時に、紹介状の確認をしている)。
診療情報提供書(紹介状)がない場合や予約がない場合には、受診することが出来ない。
以前受診した診療科においても、再予約の際には紹介状が必要になる場合があり、詳しくは、予約センターに問い合わせを。

医師プロフィール

1993年 筑波大学医学部 卒業。同年より筑波大学病院泌尿器科で研修医
2000~2002年 DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてドイツ・ギーセン大学(Justus-Liebig Univ. )留学
2002年 筑波メディカルセンター病院 泌尿器科医長
2005年 筑波学園病院 泌尿器科医長
2006年 聖路加国際病院 泌尿器科

所属学会

日本泌尿器科学会専門医・指導医・泌尿器腹腔鏡技術認定医・日本泌尿器内視鏡学会認定 ロボット支援手術プロクター(指導医)、日本内視鏡外科学会 泌尿器腹腔鏡手術技術認定医、日本性機能学会専門医、厚生労働省医政局長 指導医講習会修了、厚生労働省健康局長 医師緩和ケア研修会修了

主な著書

『スーパー図解 前立腺の病気―悩みが解消する生活処方と治療 (「家庭の医学」シリーズ) 』(2011年11月 法研)  
『ゼロからわかる前立腺肥大症 前立腺がん聖路加国際病院の健康講座』(2013年6月 世界文化社)  
(更新日:2019年9月25日)

同じ疾病を専門とする医師一覧