賀本敏行 医師 (かもととしゆき)

宮崎大学医学部附属病院

宮崎県宮崎市清武町木原5200

  • 泌尿器科
  • 教授 科長

泌尿器科 がん

専門

前立腺がん、尿路上皮がん(膀胱、腎盂尿管がん)、腎がん、精巣がん、前立腺肥大症、内視鏡/腹腔鏡手術

賀本敏行

早くからレーザー治療の研究と実践に取り組むなど、前立腺肥大症の手術療法に積極的であるが、泌尿器腫瘍学の分野において特に注目度が高い賀本敏行医師。近年増えつつある前立腺がん、膀胱がんから、腎盂尿管がん、腎がんなど守備範囲は幅広い。さらに宮崎大学医学部附属病院泌尿器科では、ほぼ全てのがんの手術で腹腔鏡下手術が「標準術式」としておこなわれ、安定した実績を残しているという点にも注目したい。患者の生活の質と満足度を第一に考え「将来を見据えて最善の選択をする」賀本医師の判断は的確で、排尿に悩む患者からの信頼は厚い。現在は後進の指導にも熱心で「当たり前のことが当たり前にできる」医師を数多く育てることをモットーに若い優秀な医師の育成をしている。

医師プロフィール

1987年 京都大学医学部 卒業、京都大学医学部附属病院 泌尿器科 研修医
1988年 滋賀県立成人病センター 泌尿器科 医員
1995年 京都大学大学院医学研究科 病態生物医学(第一病理学教室) 助手
1997年 京都大学医学部附属病院 泌尿器科 助手
2001年 京都大学大学院医学研究科 泌尿器科学 講師
2003年 京都大学大学院医学研究科 泌尿器科学 助教授
2007年 京都大学大学院医学研究科 泌尿器科学 准教授
2009年 宮崎大学医学部外科学講座泌尿器科学 教授
(更新日:2014年6月16日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会