山中望 医師 (やまなかのぞむ)

山中医院

愛媛県宇和島市広小路1-31

  • 院長

泌尿器科 がん

専門

尿路性器悪性腫瘍(特に前立腺がん、膀胱がん)、前立腺肥大

山中望

山中望医師は前立腺がん、膀胱がん治療のパイオニア。1983年神鋼病院泌尿器科に一人医長として赴任。米Mayo Clinicにて研修、その後も手術手技の改良と検証を続け、同科の前立腺がん、膀胱がんの手術件数は兵庫県下でトップとなる。1986年に右結腸利用膀胱再建術を国内で初めて実施。小腸を利用した独自の方法を確立する。国内でトップレベルの症例数を経験し、1994年兵庫県医学研究賞を受賞。2009年退職後、郷里の父親の医院を継承し、総合病院と連携しながら、現在も高度医療の提供を行っている。

医師プロフィール

1976年 神戸大学医学部卒
1978年 兵庫県立尼崎病院勤務
1980年 神戸大学医学部助手
1983年 学位取得
1983年 神鋼病院勤務
1999年~2009年3月 神戸大学医学部臨床教授
2000年~2009年3月 神鋼病院副院長
2009年7月 山中医院院長

<受賞歴>
1983年:第一回稲田賞受賞(hCG産生腫瘍における免疫学的局在診断に関する基礎的研究 ―131I-anti hcG βによる腫瘍イメージ ―)
1994年:兵庫県医師会医学研究賞受賞(膀胱再建術の臨床的研究)
(更新日:2014年6月16日)