武田正之 医師 (たけだまさゆき)

山梨大学医学部附属病院

山梨県中央市下河東1110

  • 泌尿器科
  • 科長 教授

泌尿器科 がん

専門

前立腺肥大症、腹腔鏡下手術、下部尿路機能障害、前立腺がん、腎がん、膀胱がん、小児泌尿器、腹圧性尿失禁、慢性腎不全(腎移植、血液透析、腹膜透析)

武田正之

1992年に世界ではじめて腹腔鏡下での副腎摘出手術に成功し、その後は小児に対する腹腔鏡下手術、腎腫瘍などの各種泌尿器科悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術、腎移植ドナーに対する後腹膜腔鏡下腎摘出術など、さまざまな腹腔鏡下手術に熟練したエキスパート。2013年からは、最新型手術支援ロボットである
ダビンチSi(Rマーク)を導入して、ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術を実施している。武田医師が取り組む腹腔鏡下手術や小切開手術などの低侵襲手術法の開発・普及により、手術を受ける患者の入院期間の短縮と退院後の社会復帰が格段に早くなった。同院は我が国を代表する泌尿器科腹腔鏡外科施設といえる。

診療を受けるには

初めて受診する場合、できればかかりつけ医を通して地域連携室から予約を取るのが望ましい。また、その際には紹介状を持参すると診察がスムーズに進む。
初診時の待ち時間はおよそ1時間程度。武田医師を希望の場合、外来予定日に紹介状を持参すれば可能。 武田先生の手術を受けたい場合、平均1カ月程度の待機期間がある。事前に電話で要確認。

医師プロフィール

1981年3月 新潟大学医学部医学科 卒業
1987年8月 新潟大学医学部附属病院 助手(泌尿器科)
1987年11月 新潟大学医学部附属病院 講師(泌尿器科)
1991年4月 新潟大学医学部 助教授(泌尿器科学講座)
1999年6月 山梨医科大学教授(泌尿器科学)
2002年10月 山梨大学教授(泌尿器科学講座)
2009年4月 山梨大学医学部附属病院副院長、日本排尿機能学会理事長
2011年9月 国際禁制学会(ICS: International Continence Society)理事
2013年4月 山梨大学医学部長

所属学会

医学博士、日本泌尿器科学会専門医・指導医、理事、専門医制度審議会委員長、日本排尿機能学会理事長、日本腎臓学会専門医・指導医、日本性機能学会理事、日本内視鏡外科学会評議員、日本小児泌尿器学会評議員、国際禁制学会理事など

主な著書

『やさしい過活動膀胱の自己管理』(2007年 医薬ジャーナル社)
(更新日:2018年2月7日)

同じ疾病を専門とする医師一覧