胸やけ

 胸やけは食道下の部分の運動障害で起こり、食道への胃液の逆流、胃液酸度の上昇、食道内圧の上昇などでみられます。原因として多いのは、胃食道逆流症です。
 胸やけや食後・夜間・前かがみになったときなどに胃酸が逆流する症状があらわれます。内視鏡検査で食道にびらん(ただれ)や潰瘍などの粘膜障害をみとめる逆流性食道炎と、それらをみとめない非びらん性胃食道逆流症の2つに分けられます。
 過食や肥満は胸やけや逆流性食道炎の原因になり、生活習慣、食生活の改善が大切になります。脂肪の多い食べ物は控えめにしたほうがよく、前かがみの姿勢や腹部を圧迫する衣類は避けるようにします。減量、禁煙、節酒が大切です。就寝前の食事は避け、就寝時は枕を高くするとよいです。
 高齢女性の食後の胸やけは、食道裂孔ヘルニア(胃粘膜の食道側への脱出)が多いです。