鼓腸(腹腔内のガス)

 胃腸にたくさんのガスがたまった状態で、腹部がはり、たたくとポンポンと鼓(つづみ)を打つような音がします。胃に空気がたまって起こるものは、早食いの人やせっかちな人、神経質な人に多くみられ、空気嚥下症といいます。
 急に起こって激しい腹痛を伴うときは、腸閉塞急性腹膜炎が疑われます。腸炎や急性膵炎でも起こります。肝硬変やがんが腹部全体にひろがって腹水がたまり、腸の動きがわるくなるために、ガスがたまることもあります。
 はっきりとした病気がなく、腹部がはって困るときは、便通をととのえ、食事を控えめにし、早食いをしないようにします。炭酸飲料やビールなどは避けます。