窪田泰夫 医師 (くぼたやすお)

香川大学医学部附属病院

香川県木田郡三木町大字池戸1750-1

  • 皮膚科
  • 教授・科長

皮膚科

専門

アトピー性皮膚炎、乾癬、蕁麻疹、にきび

窪田泰夫

教授を務める香川大学医学部皮膚科では、遺伝性角化症やアトピー性皮膚炎の分子生物学的研究、活性酸素の皮膚病への関与、脂質成長因子の血管内皮細胞機能への影響など基礎研究を積極的に遂行。一方、美容皮膚科分野ではシミやシワに対するレーザー治療や新規機能化粧品の開発などを推進し、産学提携の柱としている。学生に対しては、医師と患者との壁を低くし、円滑なコミュニケーションを心がけるように指導。皮膚病患者のQOLの解析に取り組み、精神・心理面からの治療アプローチを行う。

医師プロフィール

1979年3月 東京大学医学部医学科 卒業
   6月 東京大学医学部附属病院皮膚科助手
1985年1月 米国国立衛生研究所(NIH)留学
1986年11月 山梨医科大学医学部皮膚科助手
1990年1月 山梨医科大学附属病院講師・外来医長
1992年1月 聖マリアンナ医科大学医学部皮膚科助教授
1999年4月 香川医科大学皮膚科教授
2003年10月 香川大学医学部皮膚科教授
(更新日:2017年12月26日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会